お父様

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2021年10月27日に花見桜こうきさん「ピンチャン行進曲」の作曲を提供。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

お父様

管理人

お父様

大切な人といえば、それはお父様ではないだろうか。元平松医院の院長。開業医である。 子は親の背中を見て育つというが、このお父様は偉大である。開業医だけでも偉大なのに、 それにとどまらないお人柄。副業として、五木ひろしさんの曲を流し続けるという、 スナック五木をやっていたり、讃岐うどんやを経営してみたり、アイスクリーム屋やってみたり とにかく人生がボーダレス。そんなお父様も、阪神淡路大震災時には、平松医院は全壊しても 仮設で、無料診療にあたっていた、そんな人の鏡のようなお方。まさにこの親にして、平松愛理は 存在するのである。またこんな話しもある。お父様の若かった頃は、流し(つまり今でいう、路上アーティスト) になり、食料を得ていて人としてもたくましい一面を持っている。平松愛理さんが主催していた 阪神淡路大震災復興支援ライブには、お父様の姿があった年があり、BONもお辞儀をさせていただいている。 現在は天寿を全うされ、天にいらっしゃるお父様。そんなお父様の為に、個人的ではあるが平松愛理さんは「大切な人」 という曲をアップしている。曲は全くのプライベートな詞だが、初老になってるBONはこの曲を聴くと まさに自分の親のことを考えてしまう、そんな感動的な曲となっている。「大切な人」はこのサイトで 聴くことができます。

大切な人(BGM)
大切な人(ボカロ)

また、平松OFFICAL YOUTUBEチャンネルでも平松愛理さん、ご本人による「大切な人」を聴くことができます。 ぜひどうぞ。

大切な人(ご本人弾き語り)

ページの先頭へ