リリが見たやさしい虹

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2022年4月よりNHKで「Discovery Carpenters」のラジオ番組を担当。毎週日曜、1505~1550 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

リリが見たやさしい虹:さんまのアニメの主題歌は平松愛理が担当していた

平松愛理

リリが見たやさしい虹

平松さんの中では黒歴史に なっているかもしれない。 何しろ話題にならなかった 今となっては大物芸能人に しては大ヒットにならなかった。さんまさんのことで ある。1990年にさんまは、 アニメ映画を作る。題名は(リリが見たやさしい虹) 原作はさんまさん、そして リリ役は大竹しのぶさんで ある。平松さんとは関係ないと思いきや、おおありである。なんと、それの、オープニングテーマ曲と、主題歌、信じれば、を平松愛理が担当しているからである。テレビ芸能人のビッグ3 となったさんまさんですが これは、もうVHSという形では入手できない。変換販売もなく、絵本だけが、入手できる。しかしプレミアついて、2021年10月現在、 13000円の値がつけられている。絵本では平松の楽曲は 聴けない。管理人は幸運にも2015年にVHSを500円で 購入し、DVD変換したあと 平松midi化、平松ボカロ化した。なので紹介させていただくものとする

ストーリーの粗筋と感想

平松愛理

感想

うさぎ(リリ)扮する、大竹しのぶさん、きつね(ジョー)扮する、さんまさん の愛情アニメ。リリは不思議の森で虹見ることができると聞き、冒険をはじめる。ジョーがいろいろちょっかいだしていたずらするうちにともに冒険をすることとなる。リリは虹がどうしてもみたいと冒険を続けるも、途中でそんなものは 存在しないとジョーは悟る。そして嵐おきる中、ジョーは虹となってリリに希望を与えるというファンタジーなお話し 若い頃のさんまさんのイメージどおりのジョーというキャラクターで。ディズニーばりにドタバタアニメの印象を受けた。しかし、最後の部分で夢を実現させるところがあるところで深みが 出る作品。最後の1割の為に9割を費やした感覚です。 意外とロマンチストなんだなと思いました。

主題歌、信じれば

平松愛理

感想

作詞はさんまさんが担当。 さんまさんは平松さんに ディズニーみたいな曲とオーダしたようだ。平松は、 三拍子のワルツにしてディズニー感を演出した。先程書いたように本物はもう聞けなく、ここで紹介できる平松midiボカロのみ。歌詞 も見れます。オープニングテーマも80秒ほどですが、 ご紹介できます

主題歌、信じれば(曲)

平松愛理

感想

どんなのか知りたい場合はこのサイトで聴くことができます。 もち論、歌詞も閲覧できます。 こちらからどうぞ
こちらからOPテーマどうぞ

主題歌、信じれば(音ゲー!)

平松愛理

感想

遊んでみて!曲はシンプルだから楽しめるよ!

音ゲー (さんま&しのぶ)信じれば

ページの先頭へ