平松愛理 兄

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。現在はネスレのテーマソングLa la smile を曲担当している。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」を皮切りに8ヶ月連続で配信シングルリリース(現在コロナ陽性で静養中) 詳しくはオフィシャルSNSでどうぞ。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

平松愛理 兄

管理人

謎のベール

平松 直樹さん、大阪労災病院副院長とされているが、当該ホームページ情報(ご挨拶ページは存在・写真あり) 以外は平松愛理 兄の情報が殆どみつからない。 それもそのはず、平松愛理のイベントを200回以上行った管理人ですが、平松さんの ご両親・娘・親戚一同が平松さんのライブを観戦する中、一度も兄さんのお姿を見かけたことがないです。 これは大きな病院での要職につかれていて、席をはずせないということも考えられるし 単に現在は関わりが多くないのでしょう。元々、平松愛理の父、故・弘光さんは開業医で平松医院 をやっていましたが、兄さんは医者という道は同じでしたが、家業を継ぐことはしなかった。 現在においても、平松愛理さんの口から兄についてのコメントがなく、ベールに包まれています

少年時は周りに期待されていた

刺客

少年時は周りに期待されていた

平松愛理さんの言によると、兄は周りに期待されて、なるべくして医者になった、それに引き換え 自分は全く期待されておらず、こどっきー(孤独な人)な青春時代を送ったと言われております。 ただ、医者としての経歴は間違いなく積んでおり、有能な医者といえるでしょう。

幼少期は愛理さんとのエピソードも

香水

幼少期は愛理さんとのエピソードも

平松さんが兄のことを語る時は大概、幼少期の頃です。幼少期は兄は音楽が好きだったとのこと。 また、カーペンターズに憧れていたとのことで。自分はリチャードやるから、愛理はカレンでねという ところで、家庭内でギターを弾きながらコピーをしていたというエピソードがあります。 その影響で愛理さんのほうは、カーペンターズがイラストレータ洋楽で一番影響を受けたアーチストとなる。 現在、それ以外の情報を愛理さん側から聴いたことがないので、基本的にベールに包まれた、病院での権威者 ということになります。

ページの先頭へ