部屋とYシャツと私~あれから:シングル曲

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2021年10月27日に花見桜こうきさん「ピンチャン行進曲」の作曲を提供。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

あれYは話題にはなった

管理人

あれY

平松愛理の最新シングル、部屋とYシャツと私~あれから、は2019年夏に リリースされた。とにかく「話題」にはなった。管理人もレコ発(レコード発売) イベントを見てきたが、とにかくメディアは5~6社は来ていたし、ものすごい 「メディア」は着目していた。平松さんは大量のフラッシュを浴びた。 が、感じたのは盛り上がっているのは、元祖「部屋Y」を知っている「メディア」 だけに感じた。平日の夕方のレコ発だったこともあるが、もともと平松ファンは 大所帯じゃない。そんな平日昼間のレコ発に想定内のファンの数が座った。 ファンが急激に増えるわけではない。ファンとしては平常運転でした。

歌詞が載ってるこのサイトもすごかった

管理人

ばずった

ファンサイトの功罪というものかもしれないが、大概の人は無料で情報が欲しい。 そして「あれY」の情報がYahooで出てから、歌詞が載ってるこのサイトへ 皆さん一気に人がなだれ込んできた。私のサイトはJASRACサイトではあるが、 業者さんのサイトより、Googleさんは私のサイトを上位にしてくれた為に、 「あれY」の歌詞を閲覧しに、実に累計6万人が閲覧に来た。一日、何千人 という単位でアクセスがあった。私はある意味、平松さんに謝らなければならない つまり、6万のアクセスをうまく、売り上げに先導できなかったからだ。 ほとんどの人が「歌詞の結果」だけを閲覧し、「へえー」で終わってしまった。 とはいえ、平松オフィシャルサイドもPVを発売当日でフルで流した為、 私のサイトがOPENだったからいけなかったのか、オフィシャルがサービスしすぎた のかはわからない。「あれY」のPVは閲覧回数50万回を突破した「2021/02/10現在」

セールスは伸びなかった

管理人

69位

69位、平松さんにすれば、久々にTOP100にランクインした作品だが、100位内は 1週だけ。1000枚がいいところだろう。これだけ閲覧されたのに、セールスは いまひとつだった。健闘したほうかもしれない、そういう見方もできるが、 ある意味、他のアーチストがやっているように、代表作の続編や、バージョン違いは ある意味最後の切り札ともいえる。私個人の意見だが、どちらかというと、あれY は本人の意向ではないと思っている。事務所やレコード会社に説得されたと 私は勝手にイメージしている。でなければ、もっと前にやっているからだ。 ある意味、この曲をやれば、「メディア」は注目することは目に、見えていたし 実際もそうだったからである。ただ、悲観はしていない。YOUTUBE PVが生きている 限り、いつ爆発してもおかしくないのが、今のご時世だ。何が引き金になるかわからない。 逆に、今はCDのセールスよりも1億回YOUTUBE再生のほうが、箔がつく。

PVは薬丸裕英さんがキー

管理人

まわるPV

PVにやっくんが出てくれたことは大きい。平松さんはPVの中のやっくんを何度かお話している。 PVは回転方式で、ずっと撮影する方式で、見ていて圧巻というか目が回りそうになる。 ただ、薬丸さんが朝食をとるシーンでは、取り直しもあったそうだが、そのたびに、 ちゃんとトーストと目玉焼きを食べることに驚いていたようだ。PVは奇抜ではないので よかったら、一度ご覧になったらいかがだろう。2019年は「あれY」が出たので、そればっかり 歌っている様子でしたが、最近は、どちらか(原曲かあれY)歌うことも多くなってきた。

歌詞の比較ページは

管理人

興味でたらこちらもどうぞ

歌詞の比較ページが存在するので、歌詞がみたい方はどうであろう。というところです。 こちらからどうぞ

ページの先頭へ