蒼い芝生:シングル曲

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2021年10月27日に花見桜こうきさん「ピンチャン行進曲」の作曲を提供。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

幻な「蒼い芝生」

管理人

幻なシングル

2005年に発売されたロッテリア限定販売シングルCD。幻なシングルである。 市場にほとんど出回っていなく今となっては、幻ともいえるシングルといえよう。 平松さんはこの時期はロッテリアと組んでタイアップ曲となっている。 ロッテリアは2005年方向変換期にいたった。マクドナルドに対抗すべく戦略を立てた 2004年に復活した平松愛理に期待をよせた。「復活」のロッテリアをかけて。 だが、この曲による宣伝効果は薄かった。それもそのはず、すぐに結果の欲しかった ロッテリアは、結果がでないとみるや、すぐにこの曲をはずしてまた路線を変えたからだ。 一部店舗にしか流れていない「蒼い芝生」、CD屋にはほとんどおかれていないCDであった。 ほとんど、話題にもならず、深いファンしかしらないシングル曲となってしまった。 また、平松さんのライブでも、発売付近のイベントではこの曲を歌っていたが、最近は ほとんど聴く機会もない。まさに幻な「蒼い芝生」である。

幻のPV

管理人

PVは今は見れない

この曲にはPVが存在した。管理人BONは当時あった、原宿竹下通りにあるロッテリアでPVが流れているのをみた。 記憶では自然がテーマのPVだった。が、管理人はその後、再び、そのPVを観ることができなかった。 今はYOUTUBEの時代だが、そこでも出ていない。恐らく、PVもロッテリアが権利もっているので、 出せないのだろう。勿論、、イベントに200回以上行った管理人BONも一度しかみていないのだから そのPVが違法であってもあげる人が存在しないのだ。まさにこれが幻のPVである。恐らくオフィシャルも 手がだせない案件だろう

不自然な歌詞

管理人

ここで「おいしさ」という歌詞?

平松愛理は昔も今も自分に正直な人である。平松愛理は「オーダーメイド作品」を嫌がる。 「マイセレナーデ」では、スポンサーの車、セレスを歌詞に入れてくれと云われて 断った話しは有名だ。うまく似せるように、「おーれっせ、せっすん」とし、バランスをとった。 しかしながら、この蒼い芝生では、一部の歌詞が「オーダーメイド作品」なのだ。この曲は 平松の病気からの復活の気持ちも入っているため、「生きる」がテーマ、おばあちゃんの「マミー」 がエッセンスに入っている。それなのに、歌詞が一部分だけ無理矢理「おいしさ」が入っている。 今回はロッテリアに気持ちを譲った形である。だが、ロッテリアは短期間でこの曲と切ったのだ。 平松さんがあまりこの曲を歌わないのは自然な形であろう。

セールスはどんなシングルよりも売れてない

管理人

深いファンだけが買った

実はオリコンを観ても、リリースとして認識されていない つまりこれはシングルとなっていないのである。 つまり200位にもはいっていない本当に幻の限定シングルである。 ある意味でプレミアなCDと云えるだろう。コレクターだけが欲しいものだろう。

結論は売れていないがプレミア作品

管理人

興味でたらMIDIやボカロ聴いてみて

どんなのか知りたい場合はこのサイトで聴くことができます。 もち論、歌詞も閲覧できます。 こちらからどうぞ

ページの先頭へ