つぶれろ常谷 平松愛理

2018年作

平松愛理

つぶれろ常谷 平松愛理

平松愛理

つぶれろ常谷 平松愛理

SCENE 1 小会議室

愛理と大室は部屋に入る

大室:おかけください。

愛理:はい。

愛理は会議室の椅子に座る。大室もゆっくり座る

大室:えーお話というのは何ですか。

愛理:私、ここ辞めたいと思いまして。

大室:ああ、そうなんですね。何か理由でもあるんですか

愛理:常谷のパワハラに耐えられません。

大室:ああ、やっぱり彼か。

愛理:あの人どうにかなりませんか。

大室:あの人、昔から、嫌いなタイプの人には嫌がらせするからね。 もう嫌という人たくさん見てきた。まだ、あの人そういうことやっているんだね もういろんな人が介入して彼に注意しているんだけど彼も懲りないなあ

愛理:気がおかしくなってしまいそうです。

大室:もう辞めると決めているんですか

愛理:もう関わるのはイヤです。

大室:わかった。君を尊重しよう。

愛理:いつ辞められますか。

大室:なるだけ、君の意見を尊重するようにするけど、君だって、今日急に辞めたら 君の信用も失うし、君も次の派遣先が決まるまで、無収入になるから、そこは 理解いただけるかな

愛理:わかっています。でもその上でどのくらいいなければなりませんか

大室:派遣の暗黙のルールなんだけれども、辞めると正式に決まってから、 1カ月はいなけなければならないんだ。その間に、君は次の派遣先 を君の営業が探すことになることは、わかっているよね。

愛理:一カ月か。確かに収入なくなるのはイヤですけど。うちの営業には すぐに辞めることを会社を通していってくれますか

大室:できるだけ君の希望どおりにする。君の会社の営業には、今すぐ連絡する。 もうすぐ月末だから早急に対応します。

愛理:お願いします。もうできるだけ早く、辞めたいんです。

大室:できるだけ君の意向に沿うようにはするが、あと1カ月は普通に働いて できるだけ欠勤せずにお願いしたい。

愛理:わかりました。

大室はゆっくりと立ち上がる。愛理はそれを見て立つ。

愛理:ほんとにお願いします。

愛理は小会議室をでて、自席に戻り座る。愛理はパソコンを見る。 インスタントメッセージ(ST)が画面に出てくる。 常谷からのメッセージである。

常谷:朝、君が提出したタイムシート、不備があるんですけど、ちゃんと仕事して くれませんかね。

愛理は溜息をつきながら、常谷に返信する

愛理:どこか間違いましたか

常谷:不備があるといっているのがわかりませんか。常識のある社会人だったら、 申し訳ありません、どこに不備がありましたかと書いてくるのが普通ではありませんか

愛理:そうですね

常谷:不備があるといっているのがわかりませんか

愛理:そうですね

常谷:会話になっていないんですけど。不備があるといっているんです。 不備があるという話に対して、そうですね。という返信はありえますかね。 日本語はきちんと使っていただけませんか。日本人ですか?あなた

愛理:日本人です。

常谷:不備があるといっているんですけど!!くだらないお前のプライドが! 素直に申し訳ありませんと書けないのですか?くそみたいなお前みたいな 仕事もろくにできない人付き合っている身になってください。

愛理:申し訳ありません

常谷:で?

愛理:間違いはなんでしょうか

常谷:主語がないんだ。お前の文章は!私はどんな粗相をいたしましたでしょうか が正しい日本語じゃないのか。唐突に間違いはなんでしょうか。私をバカにしているのですか。

愛理:バカにしていません。

愛理:(くだらないメッセージ。仕事が進まない。)

常谷:時間がないんですけど!!早く答えていただけませんかね。不備があるといっているんです!

愛理:申し訳ございません。私はどんな粗相をしたのでしょうか

常谷:全く、これだけの会話するのにどれだけ無駄な時間使ってるんでしょうね。 あなたはこの無駄な時間の工数が払ってくれるのですか

愛理:申し訳ございません

常谷:私の質問にきちんと答えてください。日本人ですよね。日本語わかりますか

愛理:すみません、どこ間違えましたでしょうか

常谷:無視ですか!まったくもってばかにしてますね。

愛理:申し訳ございません。間違えた場所はどこでしょうか

常谷:無視ですか!無視ですか!ふさげていますね。

愛理:申し訳ございません。仕事もありますので、教えていただけませんか

常谷:無駄な時間を創っているのはどちらなのか認識していますか! 付き合わせられる身にもなってください

愛理:すみません、どこが間違いでしょうか

常谷:タイムシート開け!早く!

愛理は添付してあるタイムシート開く

愛理:開きました。

常谷:名前の所!

愛理:はい。

常谷:はい?じゃないんですけど。名前の最後に無駄な半角スペースあるんですけど

愛理:(はあ?そんなこと?)はいすみません。なおします。

常谷:適当な仕事してるんじゃないっていつもいつもいっていますが

愛理:はい、すみません

常谷:日本語をきちんと話してください!適当な仕事しているかどうか聞いています。 適当に仕事してます。適当に仕事していないの回答になると思うのですが、 会話にならないってこういうことをいうんです

愛理:適当な仕事はしていません。

常谷:はあ?ではなぜ、名前に無駄なスペースがあるような不備が生じるのですかね ちゃんと私が納得いくように説明してくれませんかね

愛理:時間がないので急いでいました

常谷:また無視ですか!説明になっていません。きちんと説明してください! 日本語読めないんですか?いつになったら、改善されるんですかね。 改善策を書いてください。

愛理:気をつけます。

常谷:改善策を書いてといっています!

反対側座っている、下山が愛理に近づく

下山:愛理さん、終わりました?さっきの件。

愛理:すみません。まだ終わっていません

下山:え?あんなの5分もあればすく終わるじゃないですか

愛理:すみません、ちょっと問題抱えてまして

下山:問題って何?

愛理:常谷さんからのインスタントメッセージに対応していて

下山は愛理の画面を見る。

下山:まだこういうのやってんだあいつ。あのさ、愛理さんさ、 こういうのは、早くこちらに連携してくんない?常谷と1対1で 会話しないで。

愛理:常谷さんから、直で連絡きたんですけど

下山:この会話履歴、保存してこちらに送って。上流会社に報告するから

愛理:すみません

下山:そういうのに構っていて、本来の仕事ができないなんて本末転倒ですよ。 だいたい、タイムシート自体は仕事したことの証明書だけであって、直接的には 仕事じゃない。本来の仕事に集中してください。そういうのは昼休みとかやる仕事だよ。

愛理:わかりました

下山:それから、常谷については、隙をみせないでください。 隙につけこんでくるから。

愛理:はい。

下山:常谷のメッセージは無視しといていいですよ。

愛理:わかりました。

愛理は溜息をつく。

SCENE 2 休憩室

愛理は自動販売機のボタンを押して、お茶のペットボトルを取り出す。 休憩所の椅子に座る。愛理はスマートフォンが鳴っているのに気づき 電話に出る。

武藤:武藤です

愛理:お疲れ様です。

武藤:なんだって?自分から辞めるとかいったの?

愛理:すみません、言いました。常谷に耐えられない

武藤:どこにいったって、いるよ、そういう人は。そういうのに いちいち逃げていたら、仕事なくなりますよ。

愛理:わかっていますが、常谷は少しレベルが違います。

武藤:おかしい人は確かにいるとは思いますよ。常谷さんだって 鍛えてあげようと思っているだけじゃないですか?

愛理:それはないと思います。

武藤:いじめられているって思い込んでいるだけじゃないんですか

愛理:いじめられているとは思いませんが、仕事の妨害をしてきます。

武藤:もう営業に辞めることがまわっちゃったから、仕方ありませんが 今後は私に云った上でよく考えてからにしてください。 あなたのしている仕事はいろんな人が絡んでいて、あなたの身勝手な 行動で、営業に迷惑かけたり、損害になったりするんですよ。 それは認識していますか。

愛理:わかっています

武藤:今回だけですよ。関係している営業に謝っておくので。

愛理:すみません

武藤:それから、営業活動をこれから、行いますが、決まるまで 1カ月以上かかるかもしれませんが、それは覚悟してくださいね

愛理:了解いたしました。

愛理はスマートフォンを切る

愛理:私だって辞めるのやだよ。あんな奴の為に。

SCENE 3 小会議室

愛理が椅子に座っている。大室が入室する。

大室:お疲れ様。営業経由で、あなたがやめることはこちらから云ったが そちらの会社には通達されていますか

愛理:はい、先週金曜日にうちの会社に連絡がいったようで、連絡がありました。

大室:今後、仕事のことでなにか困ったことあったら私にいってください

愛理:はい。ありがとうございます。

大室:あと、あなたがしなくてはならないことは、現行の運用保守と、アカウント削除申請 それと退任処理ですね。アカウント削除申請は常谷が担当なので彼に従ってください。

愛理:え?まだ、常谷とかかわらなければならないんですか?どうにかなりませんか

大室:アカウントの管理は彼が取りまとめているので、仕方ないですね。 もう、1カ月の辛抱なので、なんとか取り繕ってください。

愛理:仕事のことで困ったこと、まさに今なんですけど

大室:そこはどうしようもないですね

愛理:何故、常谷にそういう業務をやらせているか疑問です。

大室:仕方ないですね

愛理:あと、うちの会社の営業が来週頃から、自社都合の用事があるので、休みをとるかもしれません。

大室:まあ、そこはいっていただければ、常識の範囲内であれば。つまり面談ということですよね

愛理:はい、そうです。

大室:あと、休む時は、関係する会社さんに許可得てください。

愛理:わかりました。

大室:では、あともう少しだけ頑張ってください。

愛理:はい。

愛理は立ち上がり、会議室をでて、自席に戻る。常谷が愛理の自席の前をうろうろする

常谷:大城君。私の出したメールは見ていますか

常谷は無表情で無機質に小さな声で話す。

常谷:私の出したメールです。

愛理:メールですか

常谷:また無視ですか。答えはメールをみたか、みていないかなんですが。

愛理:見ていません。

常谷:最初からそういってください。メール見てください。

愛理は自席のパソコンで常谷からのメールを見る

常谷:あなたのIDの削除申請についてのメールです。資料は書いてあるアドレス を見てやってください。締切は今週の木曜日です。

愛理:木曜日ですね。わかりました。

常谷:いつまでにできますか?

愛理:木曜日ではないですか

常谷:それは締切の日です。どうせ君のことだ。適当に仕事やって、間違って やりなおしなんてことがあるだろう。私がチェックをしなければならん。 やりたくもない無駄な仕事だが。で、いつまでにできるんですか 私が木曜日、午後、別のビル行くの知っていますよね。 ちゃんと見てますよねえ。見てもいないんですか。まあみてないんでしょうね。

愛理:では水曜日に仕上げます。

常谷:常識のある日本人であれば、ちゃんと仕事を見積もることをしますが、 あなたはそんなこともしないんですねえ。またどうせ適当に木曜じゃないなら 水曜日とかいっていませんか。常識なさすぎはしませんかね。

愛理:すみません。

常谷:そんな答えは聞いていません。1つの申請書を出すのに何分かかりますか。 ここに入るときにやった時と同じようなWEB申請です。ちなみに私なら1つの申請 4,5分で終わりますが?

愛理:はい、4,5分で終わります。

常谷:アカウントは80ぐらいあります。どのくらいで終わりますか。 小学生ですかあなたは

愛理:7時間から8時間です。

常谷:火曜日中ですね。いいですか。ちゃんとした大人はこうやって時間の見積もり をしてから答えるものです。あいかわらず常識がありませんね。

愛理:火曜日中、わかりました。

常谷:それから水曜日、会議室を予約しておくように

愛理:会議室ですか

常谷:常識です。それともなんですか、この私があなたの席の前にずっと立って チェックしろとでもいうのですか

愛理:会議室予約します。

常谷:会議室の予約なんて常識です。ほんとにダメな人ですね、あなたは

愛理:・・・・

常谷:また無視ですか。なんなんだよ、こいつはよ

愛理:すみません。会議室用意して、あとで部屋の番号を連携します。

常谷:当然です。ぱっぱ、ぱっぱ、お話してくれませんかねえ。 また無駄な時間を過ごしてしまった。

常谷は無機質な顔のまま、常谷の自席に戻る 愛理のスマートフォンが振動する。愛理は答える

武藤:武藤です。・・今、大丈夫?

愛理:あ、すみません、今、移動します。

愛理は走って、部屋を出て休憩室に向かう。

愛理:・・移動しました。

武藤:えっとねーまだ、時期早いんだけど、案件がきててねー これねー明日の午後、面談なんだよねー行ける? 運用だから確度高いと思うんだよね。

愛理:明日の午後ですか。業後とかでなく。

武藤:これねーいける気がするんだよね。明日の午後、半休とれるか 訊いてみてくれる?まだ、今月休んでないから、1日ぐらい大丈夫だと思うんだよね

愛理:わかりました。訊いてみます。

武藤:大丈夫そうだったら、できれば、お昼前に、折り返し電話もらえる?

愛理:了解しました。訊いてみます。

武藤:宜しくお願いします。

愛理は電話を切る

愛理:面談か。

愛理は部屋に戻り、チームリーダのところへ行く。

愛理:小松さんすみません。

小松:はい、なんでしょう。

愛理:明日、急に社用で午後休を、とらせていただきたいのですが可能でしょうか

小松:明日・・もう大城さん重要な案件抱えてないよね?!大丈夫じゃないですか

愛理:ありがとうございます。

愛理は移動し、下山のところへ行き話しかける

愛理:下山さん、すみません。明日、午後、社用があり午後休とさせていただきたいのですが 可能でしょうか

下山:面接ですか

愛理:・・はい、そうです。

下山:いいんじゃないですか。あ、チームに通知メールを送っておいて。

愛理:わかりました

下山:仕事は大丈夫ね?

愛理:はい、大丈夫です。

愛理:えと、あとは。野田さんか

愛理は野田の席のところへ行く。

愛理:すみません、野田さん。明日、私、午後、社用があり午後休とさせていただきたいのですが

野田:面談ですね?!いいですよ。

愛理:ありがとうございます。

野田:でも1ついいですか?

愛理:はい。

野田:まだ、今月までは、ここで働いていることを認識してますよね。 今後もこういうことがあると思いますが、そこらへんは大丈夫ですか。 今後は調整してもらって、業後に面談するようにしてください。

愛理:わかりました。

愛理は常谷を見る。

愛理:いっか。大室さんで

愛理は大室さんのところいく

愛理:すみません、明日、午後、社用で午後休とさせていただきたく。

大室:ああ、わかりましたよ

愛理:ありがとうございます。

愛理は走って部屋を出て、休憩室に向かい、武藤に電話をする。

武藤:はい、武藤です。

愛理:4社とも許可でました。ただ、今後は業後にとかチクリと言われましたが

武藤:許可でましたか。では、面談依頼をすすめますね。 進捗がわかり次第、メールを出すのでみてください。 宜しくお願いします

愛理:宜しくお願いします

愛理は部屋に戻り自席に座る。

愛理:あっそうか、午後休暇申請メールと、会議室とらなきゃ。 あ、しまった。削除申請。今、10時だから、今日、6時間 明日2時間やればなんとか終わるか。忙しいけど仕方ない。

愛理はパソコンいじる。

SCENE 5 大会議室

チームメンバーは椅子に座っている。愛理は端っこの椅子に座っている

小松:おはようございます。時間になりましたのでチーム定例をはじめます。 まずは勤怠の確認から。青山さんと倉持さんは体調不良でお休み。 あと武田さん、佐藤さん、野田さんは例の故障対応で、別ビル対応。 あと下山さんはいるけど、今障害対応中と。 ということで、今日はここにいるのは、常谷さんと大城さんのみですね はい。それでは、アラート、ジョブの対応等あった方・・・なし。 この頃落ち着いていますね。 それでは、本日の予定をお願いします。

常谷:今日はチームミーティングの用意をします。あと、アカウント申請が 間違ったものがきているのでそれの対応をします。以上です。

愛理:大城です。ID削除申請を続けて参ります。それから昨日、通知しました通り 本日、社用にて、午後半休とさせていただきます。お忙しいところ申し訳ございません。 以上です。

小松:では私の方から、最近体調を崩されて休む方多いですので、体調には十分 気をつけてください。以上で朝ハドルを終わります。本日も1日宜しくお願いします。

愛理がゆっくりと立ち上がり、会議室をでる。常谷は愛理を睨みつけている。 愛理は休憩室に行き、自販機でエナジードリンクを買って飲む。 常谷が休憩室に現れる。

常谷:おい!

愛理:はい?

常谷:はい?だと?貴様なめてんのか。こらあ。

愛理:なめてはいません。

常谷:おい!おい!今日は許さねえからな。おい!座れ、ここ!

愛理:はい。

常谷:俺は聞いてねえぞ!お前の半休。

愛理:はい、昨日、報告時にいらっしゃらなかったので

常谷:はあ?なめてんのかてめえ。私は昨日、いましたけど! 報告時にいなかったから報告しないってどういうおつもりなのか 私が納得できるように説明しろよ。でめえ。

愛理:メールでも通知したのでいいかと思いました。

常谷:お前は大事なことを通知するときにメール1本ですますといっているんですか 下山にもいってないのか

愛理:下山さんに言いました。

常谷:野田は?

愛理:野田さんにも云いました。

常谷:俺には云わないってのか。バカにするにもほどがあるぞ。くそがあ。

愛理:すみません。大室さんにはいいました。

常谷:大室は別のチームだろうが、くそがあ。どこまでくそなんだ、こいつは 商流って言葉知っているか!

愛理:知っています。

常谷:本流の会社があって、野田さんの会社があって、私の会社があって、そして下山の 会社だろうが!てめえのやったことは、俺の会社を飛び越えて、野田さんの会社に報告 あなた自分が何やったかわかっているんですか?うちの会社、舐めているんじゃないですか お前はどっからお金もらっていると思っている?

愛理:すみません。

常谷:はあ?日本語しゃべってくれませんかねえ!私の質問に対して、すみませんという 回答なんてあるんですかね?!ふざけるにもほどほどにしてくれませんかねえ!

愛理:申し訳ありません

常谷:私がお願いしていることに対して何ひとつしてくれませんね。あなたは大事なこと を忘れてはいませんか

愛理:すみません。わかりません

常谷:さすがですね。お得意の忘れましたですか!さすがですね!

愛理:すみません。忘れたことはなんでしょうか。

常谷:タイムシートを直しましたか?直していませんか?

愛理:直しました。

常谷:私に完了報告したんですか?していないんですか?

愛理:していません

常谷:社会人何年やっているんですかねえ。ほうれんそうなんて、社会人1年生でもできるのに それすらできないんですね

愛理:すみませんでした。アカウント削除申請やってて忘れました。

常谷:そんな回答なんてありますかね。1つやっていたから忘れました?社会人失格ですね。 さすがですね。私も自分の仕事あるので、アカウント削除申請チェックを忘れてもいいということなんですね

愛理:すみません。違います。

常谷:何が違うんですかねえ。わかるように説明していただけませんかね。 あーもう無駄なんですけど、時間が。どのくらい無駄な時間を私にさせているかわかりますか

愛理:すみません。

常谷:いくらいっても改善しない。改善する気もないんですね。それで、改善策の答えまだ いただいていませんけど、どういうつもりなんですかね。 あなたの会社にいいましょうか。こんなクズ押し付けてきて

愛理は時計見る。

愛理:削除申請がおわらなくなってしまうので。

常谷:お前、ここの仕事満足に終わらせることできないのに、それで午後面接なんていけますかねえ あまりにも無責任すぎませんか。もう、ここの仕事なんてどうでもいいと思っているんだろ?

愛理:思っていません。

常谷:言いましたね。思っていませんといいましたね。ならば、時間関係なく、仕事終わらしてください。 あんたの面談なんてはっきりいってどうでもいいですからね。こっちは。

愛理:いや、今日は面談行かなければなりません。

常谷:どういうつもりなんですかねえ。無駄な時間とらせやがって。ろくに仕事もしない奴が。 私が納得いくようにきちんと説明してくれませんかね

愛理:午前中に終わらせます。

常谷:何度も!何度も!何度も!会話になりませんねえ。そんな回答ってありますかね。 私は説明してくれといっているんですけどね。ああー無駄。もういいです。早く終わらせてください。

常谷は立ち上がり、休憩所から立ち去る。愛理は溜息をついて、立ち上がる。

愛理:急がないと!削除申請が終わらない。面接が行けなくなる!

SCENE 6 面接の帰り道

愛理:やっと終わった。削除申請と面接なんとか乗り切った。早くこの生活を変えたい。

愛理はスマートフォンを持つ。

武藤:武藤です。

愛理:お疲れ様です。

武藤:どうでした?面接?

愛理:なんか、決まりっ面接の方いっていたけど、決まりですかね。

武藤:先ほど、連絡きましてねーほぼほぼOKです。よかったですね。

愛理:ありがとうございます。

武藤:ほぼほぼOKだけど、予定通り、夜の面談も受けてもらえる? 最後まで気を抜かずにいきましょう。

愛理:そうですね。

武藤:でもよかったですね。この調子で、もう少し頑張りましょう。

愛理:ありがとうございます。

愛理は電話を切る。

愛理:内定でたのになんか嬉しくない。明日、常谷の削除申請がある。 あいつは卑怯だから、2人きりの場所を創って追い詰める。

SCENE 7 休憩室

愛理は自動販売機でエナジードリンクを買って、飲む。休憩室の椅子に座る。

愛理のスマートフォンが振動しているのに気づき出る

武藤:武藤です

愛理:お疲れ様です。

武藤:昨日の夜に電話したとおり、昨日の面談は確実にOKになりました

愛理:はい、ありがとうございます。

武藤:それで、昨日の夜話した通り、新しい案件の場所で、セキュリティ研修が あるといった件ですが。

愛理:はい。あるとおっしゃってましたね。

武藤:お客さんの都合で、急で悪いんだけど、今日、業後、19:15にあるんだけど 今日大丈夫ですか

愛理:今日ですか?

武藤:そう、急で悪いんだけど、定時にそちら出たら間に合う時間だと思っているんだけど 都合はどうですか

愛理:今日ですか。ちょっと心配ですね

武藤:何かありましたか。

愛理:常谷が定時にあがらせてくれない可能性があります。

武藤:ほーーーお?セキュリティ研修があると言えば、大丈夫でしょ。

愛理:・・・はい

武藤:詳細の地図とかはこの電話のあとすぐに送っておくので、確認しておいてください。

愛理:わかりました。

武藤:急な話で申し訳ないですね。セキュリティ研修の方宜しくお願いします。

愛理:了解しました。頑張ってみます。

武藤:それでは宜しくお願いします。セキュリティ研修終わったら連絡いただけますか

愛理:わかりました

武藤:それでは宜しくお願いします

愛理:宜しくお願いします。

愛理は電話を切る。スマートフォンの時刻は15:50が表示されている

愛理:今日か。頑張るしかないか。急がなきゃ。

愛理は急いで飲んで部屋に戻って、パソコンをもって小会議室に移動する

SCENE 8 小会議室

愛理は時計を見る。16:09になっている。常谷はまだいない。

愛理:時間がない。呼びにいこう。

愛理は移動して常谷の席へ行く。

愛理:今日、4時から私のID削除確認・・

常谷:別の仕事が入りました!

愛理:今日は中止でしょうか

常谷:終わったらいく!うるせえ奴だなあ。ほんとー

愛理は時計をみて、小会議室に戻る。16:18分、ぶ然とした顔で常谷が入室する

常谷:ああ、無駄な仕事だほんとに!

常谷は粗く座る。

常谷:早く、モニター。明るすぎてみえないんですけど!バカにしているのか

愛理は部屋の電気を消して、スライドを映す

常谷:小さすぎて読めないんですけど!拡大とか何も言われなくてもしてくれませんかねえ ホント、おかしいなこいつ。

愛理はあせって、拡大しようとするがなかなかうまくいかない。

常谷:あーいらいらする!画面をクリックして。早く!早く!おらあ! あ?!

常谷は立ち上がり、スライドの前に立つ

常谷:私は、画面といったんです。これ画面ですか?これ画面ですか?

愛理:え?

常谷:また無視かよ。もう帰るぞ。俺!

愛理:すみません。

常谷:お前のクリックしたところ、タブじゃないかよ。画面だろ。画面おらあー

愛理:すみません。

常谷:早く、コントロールおしながら、マウス動かす!おらあー早くやれよこのやろお!

愛理は画面を拡大する

愛理:できました

常谷:ああ?

愛理:できました。

常谷:よかったですね!

愛理:宜しくお願いします。

常谷:帰るぞ。おらあ!教えてもらったら、教えてくれてありがとうございますじゃねーのか。おらあ

愛理:教えてくださいましてありがとうございます。

常谷:感謝の気持ちがないから、そういう言葉がでてこないんじゃないですか?ああ!

愛理:教えてくださいましてありがとうございます。

常谷:こちらからありがとうございますという言葉だしてからそういう言葉もらっても 嫌味しかきこえないんですけど

愛理:申し訳ございません

常谷:日本語話してもらえませんかね!嫌味しか聞こえないんですけど!の返答に申し訳ございませんの 返答はありえないんですけどね

愛理:申し訳ございません。用意ができました。

常谷:よかったですね!

愛理:宜しくお願いします。

常谷:おら、ノード書いてあるところ、スクロールして全部みせろ!

愛理は該当箇所を選択してスクロールさせる

常谷:下!

愛理はスクロールさせる

常谷:送れ!

愛理:送ります

愛理は送るボタンを押す。エラーが表示される。

愛理:エラーが出ました。ノードの文字が多すぎるとあります。

常谷:よかったですね!

愛理:ノードの文字が・・

常谷:だからよかったですね!・・いいんですよ。私は、何時までいても。 君も、新しいところ受かったんですよね。だから何時までいてもいいですよね? ゆっくり調べたらいかがですか?

愛理:今日は新しいところで、研修があるので、定時に帰らなけらばなりません

常谷:ゆっくり調べたらいかがですか?

愛理:定時で帰ります。

常谷:ここでの仕事、ほっぽりだして、定時で帰るんですね。許されるんですかね そういうこと!許されると思いますか?

愛理:定時までに終わらせたいと思います。

常谷:終わらせてください。どうぞ。調べてください、自分で。

愛理:すみませんが教えていただけませんか

常谷:ああ?自分で考えるということしないんですかねえ。エラーの意味ちゃんとわかっているんですか

愛理:ノードの文字が・・

常谷:わかっているんですか!わかっていないんですか!

愛理:わかっていません。

常谷:まるでこどもですね。あなた!そのままの意味だろうが!

愛理:ノードの文字が多いので、短くする方法教えていただけませんか

常谷:いやです。あなたは私がお願いしたこと1つも守ってくれませんからね。 おまけに昨日は私に報告せずに、勝手に半休とりやがるし。 そんな人のい為に、教えてあげようという気持ちになりますかねえ

愛理:教えていただけないでしょうか

常谷:だからイヤです、っていってるでしょ。耳が聞こえないんですかね。あなたは

愛理:すみません

常谷:だから耳がきこえないんですか。と訊いています!

愛理:聞こえます。すみません、教えていただけませんか

常谷:何度も同じこと言わせないでもらえますか

愛理:時間がないので申し訳ないのですが、教えていただけませんか

常谷:俺には関係ありません。あなたがどうなろうがしったこっちゃありません。 あなたはなんですか?今の仕事、ほっぽり出して、研修にいくのですか? あなたはもう一切、ここの仕事やらないつもりですか。

愛理:そうはいっていません

常谷:障害対応もやらないつもですか

愛理:やります

常谷:あ、障害対応はやるんだ。ああ、お前の担当システム、大障害おこらねえかなあー 何日も眠れないくらいの。楽しみだなあ。おこらねえかなあー

愛理:申し訳ございません。教えていただけませんか?

常谷:何を!主語がないんだ!お前の日本語はよ。もういいかげんにしてくれませんかね

愛理:すみません。

常谷:スラッシュつければいいんじゃねーの?ノード1、ノード2の間によお。 頭大丈夫ですかね。

愛理:スラッシュですね。わかりました

常谷:ゆっくりやってますなあ。いいんですよ私は、今日は何時になっても。 別の仕事でもするかあ

愛理:これで宜しいでしょうか

常谷:(小声)あーなるほど、こうなっているのか

愛理:これで宜しいでしょうか

常谷:(小声)ではこうやればっと

愛理:これで宜しいでしょうか

常谷:無視されているので、私も無視しているんですけど、どんな気分ですか 爽快ですか

愛理:爽快ではありません。

常谷:ああ?見せろ!早く。あーいーんじゃねえの?

愛理:送ります

常谷:送れ。さっさと早く!

愛理:送りました。

常谷:やっと1つですか。いったい何分かかっているんですかねー。 定時にかえれるといいですね。

愛理:・・・・

常谷:また無視ですか!今度やったら、もうかえるからな。やってらんねーよ、アホがあ

愛理:すみません。

常谷:次!ぱっぱ、やるんだよアホ。 あーいらいらする、俺トイレいってくるわ。はっ

常谷は粗くドアを開け出ていく。

時計は4時31分になっている。

愛理:申請80個あるのに。これでは終わらない。

SCENE 9 自席

時計は18:20を指している。愛理は帰る支度をしている。 常谷が近づく。

常谷:まだ、個人IDの方しか終わってないので、今すぐ会議室とってください。 なんで、16:00とかにとったんですかね?自分のレベルわかってないんじゃないですかね

愛理:会議室が開いてなかったので

常谷:次回は14時とか15時とかにしてください。とれなかったら、18時に 帰ることなんてできないですからね。覚悟してください。

愛理:はい

常谷:今日間に合いますよね

愛理:間に合わないと思います。

常谷:知りませんよ。私は。では私は帰りますので。

常谷は部屋をでていく。愛理は拳を握って震えている。

愛理:いかっているひまはない。早く、いかないと。

<前半部終わり>

ページの先頭へ