序章 転んだ先に

序章 転んだ先に

平松愛理

序章 転んだ先に

平松愛理

序章 転んだ先に

平松愛理 ボーカロイド 旅 が、視聴回数、408万回を超えた(2016/5/5現在) かなりの暴挙であるが、BONとしては、こんなにもこんなにも、という気持ちでは やっていない。何回かこれは触れたが、パチンコ心理状態と同じである。 パチンコで100万儲かっても、あまり尊敬されないし、(まあ雑誌のインタビュー とかはでるかもしれないけど)、100万すったら、家族が崩壊するだけ。 そんなものでしかない。こう、ストレスのはけ口でやっているだけである。 実際、408万回広告となると普通ならば、1000万円かかる。 でも実際そうだったら、もうすでに家庭崩壊している。そう状態はパチ ンコで あたっている状態なのだ。 しかし、あたっているとはいえ、別にお金の収入になっているわけではない。 普通より安く広告ができているだけだ。 これも毎回そうではない。ちゃんとお金分とられるときのほうが多い。 まれにあたるだけ。 だったら自分の曲をやればいいじゃないかと思うが、自分の曲は基本あたらない。 旅には、なんか魔力がかかっているとしかいいようがないのだ。

まだ、旅が60万回ぐらいだった、去年の1月ごろ、葛西にある音楽教室に通いだす。 この旅をどうにかしたかったのだ。ピアノの先生に、企画書を作り、旅を 私が弾き語り、カバーにて出すという計画。最低2年はかかるよ。と言われ これ以上、趣味にお金使うことに反対され、挫折。 そうこうしているちに、旅が育っていった。 実は2013年ぐらいから、MTBミュージックプレゼンターという、音楽スタジオに お世話になっている。平松MIDIは基本160曲ぐらいまでは自分でやったものが 多かったが、あまり音楽能力がないBONにとっては、非常にMIDI制作が重く、 ソルフェージュ(音聞き取り)もしばらくやっていなかったせいか、伸び悩んで いたが、格安で、コードと主旋律を作るよ。と言われ、35曲ほどお世話になった。 まあ、その35曲がですね、普段、作ることのない楽譜、提供曲だったり、 未発表曲であったり、アマチュア音源だったりしたものだから、 その制作スタッフが驚き、なぜ、この音源もってるの?になり。 あの、平松愛理さんでしょ?聴いた ことない曲だけど、平松っぽい、といわれつつ 珍しいといわれつつ、ルーツを知ることできたといわれつつ。 こういう、オーダーをし続ける、小畑さん、何者?となり。 何回か、スタジオでお会いすることとなった、

で、実はファンサイトを展開しているんですよというお話になり。 これはすごいことですよとなる。そうかなあと思いつつ。そこの事務所が池袋 に栄転することになり、2016年4月、訪問しにいった。 平松ボカロ201曲。アマチュアの聞き取りづらい曲を5曲ほど残してはいるものの 2016年4月現在では、最大値に近くなった。 で、これからどうするの?という話になる。 平松ボカロにこだわる理由を聞かれ、本物でないサンプルを作っていると説明。 カバー という生音には興味ない? ん?あるある!また火がついた。生音いいですよねー 旅を、うちのスタッフで雇って、歌ってもらって、演奏してもらって、 小畑さんもパーカッションなんかで参加していただいて、それを撮影して 動画にする計画なんてのは? ・・・やりたい?できるの?事務所がNG出したら、無理だけど。カバーたくさん アップされてる時代だし。むむむ・・・。さて、どうする。 お値段きいてみた。できない額ではない。ちょっとその気になってきた。 さて、この旅、カバー計画。また、企画倒れになるのか。それとも・・・

ページの先頭へ