Discover Carpentersの想い

感想

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2022年4月10日より1年限定で、Discovery Carpenters のDJ担当開始 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく



平松愛理

第5回

さすがに自身の過去のライブで複数回、Close to youを歌っているだけあって、 Close to youは冒頭にもってきましたね。音楽的一部分ピックアップは 専門的なコードの話しをすると、リスナーとしては難解な感じになりやすいが こんな感じ?こんな感じ?というメロディをもってくることによって音楽に 詳しくないリスナーでもついていけていいですね。ただ、有名曲でない分析は 何?どこ?なんの話し?になりやすいので、リスナーは聴く前にあらかじめ レビューをする曲をあらかじめ聴いておいたほうが、わかりやすいのかなと想いました。 正直なこというと、リスナーはカーベンターズはベスト盤だけ買って知ってる、 という人も多いだろう。だから、Close to youは知っていても、あと知らん。という 人もいるのでは。私がそうだ。だから、初めて聴くリスナーへのナビゲーションも 大事かもと想ったり。



平松愛理

第4回

本音で語る愛理さんと、そうなんだよお~の森さんトーク。あたしなら絶対しない仕方に ワンダフルな想いを寄せる平松さんが面白かったのと、カバーの原曲を変えてしまうとこへの驚き とワンダフルな想いも面白かったですね。個人的にはカーペンターズはラジオ等などで流れている のを聞いている程度だったので。ビートルズのHELPをカバーしていることに驚きでしたね。 そして1970年代にそれもビートルズの曲を変えてのカバーってすごく驚きで確かにディスカバーカーペンターズ でした。そして皆さんがリクエストするのは、やっぱりよくラジオで耳にしたSingというね、定番中の定番。 今回も森さんのキーボードを弾きながらの解説。ハミングするというのがいいなと想いました。



平松愛理

第3回

森さんのキーボードを使った解説というのは非常にわかりやすく、役得な感じがしました。口で説明するより、非常に わかりやすいなと感じた会でした。そして、それと長年一緒になってきたメンバーだからこその、愛理ちゃんの楽曲 ここの部分影響されたでしょ?のところが一番面白かった。平松さん、嬉し恥ずかし。デビュー曲を弾く森さんの感じ。 あのくだりは森さん、わざとファンに聴かせたかったのかなと想いました。うまいですね、の一言。 デビューアルバムの解説に平松のデビュー曲を弾くというなんとも上手い構成



平松愛理

第2回

ファン同士のマニアックな解説、会話。なんかそんな感じがしますね。平松さんが年ごまかして、引き算できないみたいな ところをいっているのを、森さんが18でバンドやって40年ってはっきりいったことによって、なんでいうのお? みたいな平松の視線が見えるような、楽しい感じが垣間見れました。それと、カーペンターズとしては大ヒットしてた とはいえない、ファーストアルバムを深掘り。私ははじめて聴いた曲だった。イメージとしては違っていた。 平松でいえば、TreasureとSingle is Best?!の違いでしょうか。マニアにはたまらないけど。ヒットソングしか知らない 人からはハテ?かもしれないですね。でもまあ分母は大きいのでありですよね。



平松愛理

第1回

趣味の話をするとき、皆さんはどんな気持ちになりますか?例えば平松ファンならば、平松さんの楽曲への想いを 語るとき、きらきらしますね。なんか今回、はじめて、そんな平松さんを知った気がします。自分の番組はよし、自分 頑張るぞ。で、自分をアピールするのですが、今回の番組は、何者?だけわかればいい。だから、ご自身の紹介の仕方は 上手かったですね。台本があったのかもしれませんが。もう、あとは、すごく楽しそうに話す、ここ!ここわかってよ。 ここなの!が共有できていい番組だったと想います。ちょっとそれてしまうが、私は洋楽ではフィルコリンズのファンですが まあ、先日引退したのですが、12年前、フィルが還暦を迎えるころ、自分の少年の頃はしゃいで聴いた音楽の カバーアルバム出しているのですね。だから平松さんもいい時期に、この番組に巡り会えたのかもしれません。 ファンからすると、趣味の顔の平松愛理を見れる番組なのでそれはそれで楽しいかなと想いました。また番組は Carpentersなので、まあだいたいの方、知っているのでなじみがあって聴きやすい番組ですね。1回目の感想でした

ページの先頭へ