cover by kw

cover by kw

平松愛理


さあ目を閉じて そのままでいて
転んだままでいいから
感じてほしい 土のやわらかさ
見てほしい 花の色

あなただけじゃない つまずいてるのは
みんな長い旅の途中
ずっと孤独を 感じてたでしょ
大丈夫 一人じゃない

永遠に降り続く 雨は決してない
たちのぼる水けむりに
幼い頃の草の香りする

曇ってる未来の ガラスは拭かないで
まず救うのは自分の 心 
あなたしかできない

愛されたいと 願いながらも
愛することを恐れる
そんな自分で いいんだよって
強がってみるけれど

北風と太陽 誰の中でも
本当は競っている
風の匂いと日のあたたかさ
しばらくふれていよう

川に浮かぶ月は 流れていかない
耳澄ませば夏の日
網にかかったセミの声がする

明日を示してる地図はどこにもない
あなたのいきたいほうへ道は
作られてゆくから

永遠に降り続く 雨は決してない
たちのぼる水けむりに
幼い頃の草の香りする

曇ってる未来の ガラスは拭かないで
まず救うのは自分の 心 
あなたしかできない

ページの先頭へ