美し都:シングル曲

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。現在はネスレのテーマソングLa la smile を曲担当している。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 現在週1回のペースでランダムの曜日時間で放送中。月2のペースで生放送実施中 詳しくはオフィシャルSNSでどうぞ。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

美し都~がんばろや~WE LOVE KOBE

管理人

伝説のシングル

平松愛理の唯一の共作。作詞は故、阿久悠。編曲は夫の清水信之。平松愛理がメインで歌い、サビのところだけ コーラスに、岡村孝子さん、大江千里さん、故、島倉千代子さん、沢田知可子さんが参加している。 「三都物語」のCMソングとしても知られる。当時のCMはネットに落ちているという噂も。キーワードただけば出てきます。 オリコンチャートでは最高位49位。同年7月末には売り上げ枚数が11万枚に達し、 同年8月29日にはCDの収益金と印税988万8千円が阿久から当時の笹山幸俊神戸市長に寄付されている。 地元、神戸は売り上げ以上に有名な曲。震災直後は街のいたる 所に、がんばろや~WE LOVE KOBEの旗上りが見られた。平松愛理は阪神淡路大震災を語り継ぐ為に、2020.1.17まで25年間 チャリティコンサートをやりつづけた。この曲はチャリティコンサートの象徴とも云える曲である。

曲の経緯

管理人

伝説

ツアー中で東京にいました。東京に戻ってきて、ちょうど、インフルエンザにかかってたんで 父の点滴をしてもらおうかな、 どうしようかなと思って、羽田について、39度近かったのかな これ以上動けないと思って、 帰らなくて、12時間後に震災があったんです 被災していない罪悪感、 25年ずっと自分を 責め続けてその気持ち、つじつまを合わせようとしていた自分がいて、 続けてきたように想います。 1995年初頭神戸の為に何かできないだろうかとずっと考えていたときに 阿久悠先生からお電話がかかってきまして、 僕が詞を書くから曲書いてくれない? というお話をいただいて、震災復興義援金になると聞いてお受けしました 当時はFAXだったんですけど、詞がどあーとFAXに流れてきました。大量の詞をどうしようと考えていました。 最初、サンバだったんですけど今の形になりました。

風化そして311が起きてから

管理人

311

震災から15年も過ぎる頃には阪神淡路大震災は風化の一途をたどっていったが、日本は311を経験してしまう。 これにより、今度は東北の支援として変わり、この曲は東北支援の曲としても歌われた。WE KOBE 東北がんばろや (WE LOVE KOBEがんばろやの歌詞を歌いながら、さびの繰り返しだけ、東北に変えて歌うということ)

311から10年。そして今、起こっていること

管理人

コロナ渦

日本も大変な時代になりました。震災大国のみならず、ウイルスとの共存世界となりました。2020年に起こったコロナ それは1年では収まることもなく、現在も苦しんでいます。日本はがんばらなくてはなりません。そんな中、2020年に 平松愛理は、故・阿久悠さんの親族さんと交渉し、この美し都を、今度はWE LOVE NIPPONがんばろやに変えてYOUTUBE に発表することに賛同を得て、ファンの皆さんとつくる、美し都~WE LOVE NIPPONバージョンを自身のYOUTUBEチャンネル に発表した。

こちらからどうぞ

>

ページの先頭へ