青春のアルバム

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2021年10月27日に花見桜こうきさん「ピンチャン行進曲」の作曲を提供。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

青春のアルバム

管理人

青春のアルバム

平松愛理のデビューシングル。1989年2月21日発売。21日発売というのは願掛けの日であり縁起がいいということです。 リリース当日、本当にデビューしたのか実感なかった為、地元のCDショップに行ってCDが置いてあるか確かめにいった そうです。ハ行の後ろのほうにあったので、一番前に出して目立つように直したらしい。この「シングル」自体では ヒットしていない。93年に発表された、ベストアルバム 「Single is Best」の中に収録されており、ミリオンセラーになった為に、有名な1曲となる。

管理人

約4年間付き合った元彼のことを歌った曲

有名すぎる話しだが、部屋とYシャツと私、しかご存じない方ははじめて聴く話しだと想うので記載する。 この曲は実話が元になっており、平松が16歳から3年半、約4年付き合った元彼のことを歌っている。 「音楽と俺どっちを選ぶ?」と言われた。「選べない」と答えたら降られたというもの。実際に空港の ワンシーンを描いて曲にしている。後日談で、その後、仙台にいった彼に会いにいったが、「あ、これ、俺の友達」 と紹介され、すぐ帰ってきたという。また、SNSが発達した近年では、所用があり、SNSで繋がったことがあるそうだが。 恋愛は否定している

ページの先頭へ