サポートメンバー

わかりやすく説明いたします。

平松愛理 平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2021年10月27日に花見桜こうきさん「ピンチャン行進曲」の作曲を提供。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

サポートメンバー

管理人

サポートメンバー

平松愛理にはお馴染みのサポートメンバーが存在する。平松愛理はキーボード弾き語り的な タイプの為、ギター・サウンドマスターのメンバーが多いですね。 一度きりのセッションの方も多いが、比較的複数回、平松愛理のサポートメンバーとして 活躍するアーティストの紹介をしたいと想う。傾向として、ギターサポート、キーボード(サウンドマスター) が中心でベース、ドラムとなる。

古川昌義

管理人

古川昌義

大物のギタリスト。1964年3月10日お付き合いは平松愛理がアマチュアの頃から。ERI&WONDERLASTのメンバー。平松と共に アマチュアバンドをしていて、先に平松が東京いくも、のちに古川氏も成功を収める。古川氏は、平松愛理の他に 岩崎宏美、絢香、平原綾香、高橋真梨子、CHEMISTRY、鈴木雅之、辛島美登里、中島みゆき、徳永英明、福山雅治、SMAP など、有名アーチストからひっぱりだこ状態のギタリストである。そんな中でも、平松愛理がはじまりだった こともあり、節目のライブには平松愛理のライブサポートもしている。平松愛理25周年ツアーでもサポートした。 近年は外国にいくこともしており、ファンを驚かせた。コロナ明けた、2021年冬も絢香などの サポートしたり、現在もひっぱりだこのギタリストである。オフィシャルHPもあるが、最新情報はFBでも確認できる

森俊之

管理人

森俊之

大物のキーボードディスト・編曲家・作曲家・音楽PRODUCER。1964年12月4日 お付き合いは平松愛理がアマチュアの頃から。ERI&WONDERLASTのメンバー。平松と共に アマチュアバンドをしていて、先に平松が東京いくも、のちに森氏も成功を収める。森氏は、平松愛理の他に イエモン・宇多田ヒカル・岡本真夜・小沢健二・辛島美登里・CHEMISTRY・小泉今日子・椎名林檎・スガシカオ・ミスチル などなど、有名アーチストとレコーディングやサポートをしている。こちらもひっぱりだこのアーチストである。 まさに、ERI&WONDERLASTは3人も大成功を生んだバンドで、音楽業界でも崇拝されるべきバンドであったことがわかる

鈴木英俊(パパゴン鈴木)

管理人

鈴木英俊(パパゴン鈴木)

大物のギタリスト。1962年9月3日。元々、角松敏生さんがスタートでしたが、様々な、レコーデイングやサポートをしている ZARD・ELT・SMAP・浜崎あゆみ・大黒摩季・kinki kids・V6・中西圭三・中森明菜・3代目、など、に加えて平松愛理となる イメージ的には、古川氏が都合つかないときに、鈴木さんが出るといったイメージが強い。東京都出身の為、東京近郊の 平松イベントに登場する確率が高い。

岩崎健一郎

管理人

岩崎健一郎

キーボードディスト・マニピュレータ。1977年11月18日。平松愛理とのお付き合いは主に、ネスレ時代からと比較的新しめ。 だが、意外と平松愛理は近年、この方をサポートメンバーとして迎えている。キーボードはもとより、マニピュレーター (電子音楽の用語であり、コンピューター、ミュージックシーケンサー、シンセサイザーなどといった電子機器を用いて、プログラミングされた音色そのものや楽曲を作り上げるミュージシャン)。新世代の音楽を平松は求めた感。ネスレ期は、ジミー岩西 さんの活躍が目立つ。実績はゲームMUSIC。楽曲提供はおかあさんといっしょの「つのだりえ」やサンプラザ中野・ダイヤモンドユカイ・池田聡など、オフィシャルサイトに平松愛理の記載はなし。

上田和史

管理人

上田和史

ギタリスト。古川さんや鈴木さんと比べると、大物アーチストとの関わりは多くないものの、アマチュア時代に全国8000バンド のコンテストのグランプリ受賞者。「SMAP」「中山美穂」「平松愛理」とのミリオンセラーアーチストのサポートを手がける。 平松愛理にとって3人目のギタリスト。でも抜群の安定力で、ひょうきんなところもあり個人的には好きである

田中徹

管理人

田中徹

ドラマー1961年9月4日兵庫県神戸市生まれ、伊丹市出身。 セッションドラマーとして、色々なツアー・サポート、レコーディングに参加。 加藤いづみさん、大江千里さんさんにフォローされており、KATSUMIさん、財津和夫さん のサポートもしている。最近での平松愛理とのからみは平松のYOUTUBEにて即興作詞作曲の回に出ている。

山内和義

管理人

山内和義

ベーシスト・編曲家・コンポーザー 平松愛理の他に財津和夫・鈴木聖美・SMAP 等、数多くのアーティストのレコーディング、 ライブに參加。バンマス・アレンジも担当。 平松愛理のライブでは主にベースを担当。イメージ的だが、平松愛理はフルのバンド(キーボード・ギター・ドラム・ベース) が入ったライブでは、ベースは山内和義さんの場合が多い感覚だ。もともと、平松さんはフルバンドのライブ確率が100%では なく、ギターとキーボード、ギター・バンマスは多いがベースでは、この方が筆頭メンバーである。もの静かなイメージで 記憶では平松とのMCでは小声で突っ込みを入れるイメージがある。とても安定したベースで訊いてて心地よい。

鈴木賢

管理人

鈴木賢

キーボード担当。残念ながらネットでは多くの基本情報がない。但し、FACEBOOKでは、古川昌義氏、田中徹氏、岩崎健一郎氏、 森俊之氏、上田和史氏、山内和義氏と友達になっている。つまり平松愛理つながりサポートアーチストの一人である。 私がおみかけしたイメージではフットワークが軽く、のりがいいイメージが残っている。イメージで申し訳ないが。 ネットに基本情報載っていないということは本人の意向でもありそうなので、紹介はこのくらいにとどめる。 最近では、平松愛理YOUTUBEに2020年に平松がカバーで歌う「涙そうそう」のキーボードとして記録が残っている。

Chibi先生(古屋 Chibi 恵子氏)

管理人

Chibi

2014年からボイストレーナー。ボイスジムのジム責任者。 アンジェラ・アキのヴォイストレーニングをデビュー前から担当。シンガーソングライター平松愛理とはトレーナーとしてだけでなく、マルチサポートミュージシャンとして一緒に演奏することもある。その他女優の杏や、ゆずのプロデューサーの寺岡呼人など、数多くのアーティスト・俳優・タレント・モデルなどのヴォイストレーニングを長年に渡り手がける。 近年では平松愛理YOUTUBEに度々参加している。平松公式YOTUBEでは、ゲストや、ファンの仲間と作りあげた、 美し都~WE LOVE KOBE~NIPPONバージョンでも出演している。つながりは結構長く、Ustream(2010年頃)平松愛理+Chibi+黒崎ジュンコ で生配信をおこなったり、2012年には、女子会(平松愛理+Chibi+黒崎ジュンコライブ)も行っている。

清水信之氏。

管理人

のぶさん

平松愛理のラスボス(笑)清水信之氏。元旦那。1959年12月14日生まれ。 80年代90年代のアーチストの代表曲といえる編曲を担当。 稲垣潤一、「クリスマスキャロルの頃には」EPO「う、ふ、ふ、ふ、」 岡村孝子「無敵のキャリア・ガール」 河合奈保子「けんかをやめて」ゴスペラーズ「ミモザ」 SMAP「セロリ」NOKKO「人魚」 そして、平松愛理さんのほとんどのヒット曲の編曲を担当。 残念ながら、離婚となったが、この方が繋がる縁で、 今のサポートメンバーもなりたっているといって過言ではない。 また、アーチスト、岡村孝子さんや大江千里さんとも繋がりがあり 信之氏が置いていった人脈は平松さんの人脈に多いに関係がある

ページの先頭へ