配信シングル3:ピラフになりたい

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。現在はネスレのテーマソングLa la smile を曲担当している。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 現在週1回のペースでランダムの曜日時間で放送中。月2のペースで生放送実施中 詳しくはオフィシャルSNSでどうぞ。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

配信にいたるまで

管理人

配信にいたるまで

ピラフになりたいは、本人が20才の頃、アジアの国で インスパイアされ作った曲 いわゆるアマチュア時代の 曲である。詳しいいきさつ は不明だが、一番売れた、 ポニーキャニオン時代には この曲がたぜなかったことから、ポニーキャニオン からみた、平松愛理からは 一歩踏み外した曲ではあったのかもしれない。ちょっと推測がはいるが、平松は 2007年、神戸に戻り、神戸ミーティング以外はほとんどアーティスト活動しなかった時期がある。勿論、楽曲は制作していたが、あまりイベント情報が入らなかった。そこで好きな海に囲まれて感じたのではないか。自分の好きな曲を表現したい。と。2008年うって変わってマンスリーライブを平松はやるにあたって、 この曲は欠かせないものと なる。こういっては失礼な 表現になるが、平松愛理の 存続の危機が感じ取れる、 時期になると、この曲は登場する。あれからがでて、 しばらくはまた落ち着くも 突如、twotwotwoさんとの コラボMVがたされる。そして2021年8月18日に遂に配信リリースとなる。実に、 37年という月日ののちに、 日の目をみた曲である。 全く平松愛理を知らない人からみたら、この曲知って 検索したら、御本人はリリース当時、すでに還暦近い人と知って驚くだろう

己を鼓舞する曲

管理人

己を鼓舞する曲

平松愛理といえば、やはり 部屋とYシャツと私。だろう なにしろ、平松愛理を一番日本にて有名にした曲である。毒入りスープの。 平松愛理の人生を変えた曲である。御本人も部屋Yを 大切な曲と捉えているだろう。しかし売れた曲と、己のアーティストモチベーションを持ち上げる曲は違う。勿論、どんな今までの 曲も励まされることはあったろう。しかし、ピラフに なりたいは凄く違う。アマチュアのときに想い描いてた夢を思い出させるだろう。純粋に音楽がやりたい ピュアな気持ち、それを鼓舞するのだろう。でなければ、アマチュア時代のしかも37年も前の曲を配信シングルにもってこないだろう 。アーティスト、平松愛理というより、個人、平松の 想いの曲といえよう

曲も曲ならMVもMVだ

管理人

曲も曲ならMVもMVだ

オフィシャルサイトにも書いてある。これは原曲は、 若い頃の曲だと。そい書かないと世間一般が思考が追いつかないからだ。時は、 2021年8月、降ってわいた 平松愛理、コロナ陽性騒動。若いひとは知らん、誰 90年代世代は、あの平松が。曲をリリース?ピラフになりたい?え?平松いくつだっけ?え?え?である それだけ年相応でない曲の リリースである。しかも、 MVみたらあ然。かわいすぎるMVなのだ。一応、依頼したtwotwotwoさんに希望は いったはずだ。こんなイメージでいきたいと。にしてもである。ある意味、平松のポリシーである。2021年57才の平松がこういうのも だすよという。恋愛に歳は 関係ないというが、今の平松さんにこれを超えるラブソングがかけるか、ちょっと楽しみにしている。全くの新曲はメッセージソングよりなので。ここまで読んでくださった方、一度、 聞いてみてください。ユーチューブできけます。なんだったら、購入もどうぞ。

ページの先頭へ