岡村孝子さんとの共通点

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2021年10月27日に花見桜こうきさん「ピンチャン行進曲」の作曲を提供。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

境遇の似ている平松愛理と岡村孝子

管理人

境遇の似ている平松愛理と岡村孝子

共通点1:年齢がほぼ同世代
共通点2:年齢が同世代の娘さんがいる
共通点3:シングルマザーである
共通点4:大病している
共通点5:よく引っ越す
共通点6:働く女性のテーマの曲を書いている。

ここまで、共通点が多いのは偶然だろうか。境遇の似た二人。またこれだけ似ているから さらに親友度合いが高いのだろうか。 引っ越し魔、平松23回以上、岡村さんが引っ越しをね、アルバムごとに されていた平松はそれに対し結婚するまでは失恋するたびに引っ越しをしていた 境遇の似ている二人、しかし、かつて双方の曲が 好きというファンと今でも繋がっているが、曲調は全く違っていたりする。 どの角度からみても、どんな曲も岡村孝子さんぽい曲と、いろんなタイプの曲調を出す 平松愛理。すべてがすべて同じではないようだ。だが大きなところで6つも共通している アーティストが他にいるだろうか。今回はこれを見ていこう。

二人の長い関連性

管理人

二人の長い関連性

平松愛理の元夫である、清水信之氏が、二人を繋げた。 岡村さん「レコーディング中に、私、シンガーソングライターのお友達がいないんですっていう 話をしたら、あ、じゃあ僕が紹介してあげよう、ということ云ってくださって。」 というように、90年代から2人の繋がりはあった。プライベートな関係は割愛するが、 阪神淡路大震災、1995年にあった年に、平松のシングル、美し都~WE LOVE KOBEに 岡村さんは、コーラス参加している。その後96年に平松が出産時危険な状態にあったが、 当時やっていたラジオを岡村さんがピンチヒッターしている。その後、99年に岡村さんサイド が発行したファン会報誌、Piu Forteで、スペシャル対談で平松が登場している。 2006年には岡村さんの番組Style Gardenにてラジオゲスト出演を複数回果たすと、 その後、後継の岡村さんの番組、あの頃MUSICでもゲスト出演を3回している。 ちょっと前後するが、岡村孝子ソロデビュー30周年記念オールタイム・ベストアルバム発売時 2016年になるが、Helloという曲を出した。これに平松はゲストボーカルという形ででている。 2019年、岡村さんは大病し、長期療養することになるが、今度は平松が2ヶ月間、岡村さんの ラジオ番組、あの頃MUSICのピンチヒッターを務めると共に、千羽鶴企画にのり、7000羽を超える、千羽鶴 を岡村さんに届けた。岡村さんが2020年6月に、平松のラジオ番組、Cheer up morningの最終回に 岡村さんが出演した。ざっとながしたが、公にでている情報をつらつら書いてきたが、25年以上 親友状態が続いているのだ。

音楽性は違う

管理人

音楽性は違う

岡村孝子の曲は直球型の曲が多い。つまり、音に安定感がある。聴いてて落ち着くのだ。 つまり、ファンじゃない方から、悪い表現をすると、どの曲も似ているのだ。 これが悪いとはいっていない。ふんわりと優しい音楽性で聴いてて落ち着くのだ。 これが岡村孝子サウンドだと。平松は違う。もともと、平松はこれメジャーなのマイナーなの? と不安定な音楽を好む。さらには、曲に多様性があり、綺麗なバラードもあれば、ロックに近い 曲も存在する。つまり2人の音楽性は似ていないのだ。 だけれど、似ている部分もある。平松の振り幅が大きいから、岡村さん的なサウンドも含まれるのだ だから、どっちも好きというファンがいるのだろう。

コロナ渦は分からないが。

管理人

コロナ渦は分からないが。

ラジオで聴いてきた限り、二人はプライベートでいろいろやりとりをしていたようだ。 つまり、互いに影響された部分もあるのではないか。と推測する。 シングルマザーや大病は影響されたとはいいたくないが。 また境遇が似てしまったから、さらに、助け合いはでたのではないだろうか。 なにより、親友のシンガーソングライターがいるということは喜ばしいことである。

ページの先頭へ