秋の虹

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

平松愛理の簡単なプロフィール

平松愛理

1964年3月8日生まれ。神戸市須磨区出身。

1992年に「部屋とYシャツと私」でミリオンセラー 1993年にアルバム「Single is Best」でミリオンセラー 1994年編曲家の清水信之氏と結婚するが2005年離婚 1996年に娘を出産、2001年に乳がん発覚。治療に専念し、 2004年復帰。2019/8/28 部屋とYシャツと私~あれから(続編)リリース 2021年6月16日「BLUE MOON」7月に「白夜」8月に「ピラフになりたい」配信リリース 2021年10月27日に花見桜こうきさん「ピンチャン行進曲」の作曲を提供。 平松OFFICAL YOUTUBE
皆さんチャンネル登録宜しく

秋の虹

管理人

売上

チャート上では239位841枚となっているが実際の売り上げは不明 部屋Y以外は新曲前作Usa-Baraではすべてが 新曲パッケージだったが、秋の虹は、部屋Y2004をだし、 既存の曲のバージョン違いを一曲だした形だ。だがセールスには貢献したことだったかは不明。

管理人

内面

メロディは前作と比べてもメロディアスな曲が多いが 詞が大きく変わった。恋愛の主人公のストーリーが動くそんな歌詞から心の内面を描く詞へと大きく変化した。 御本人が大病された影響による。2012年にでた、花と太陽では、ストーリーが入る歌詞とメッセージ的なものがあわさるので、 秋の虹はそういう意味でアーティスト転換期を迎えたアルバムとなる。 愛とは生きるとは。夢とは。この3つのキーワードでなりたっている。 また、夢について-ハイネの日記では、娘のハイネさんが作詞したのを平松愛理がたして作った共作。 これだけは元夫の清水信之も関わっており、ファミリー作品である。 あなたのいた夏。も加わり、内面が強く出てるアルバムではあるが暗いイメージはない。 お勧めのアルバムなので、レコ直でも一曲から売っているので購入してみてはいかがか

ページの先頭へ