阪神淡路大震災

わかりやすく説明いたします。

平松愛理

阪神淡路大震災

平松愛理

1995年1月17日 午前5:46分

平松愛理の家は全壊、友人も亡くす。

地震当日、平松は調子をたまたまくずし、東京にいて被災者にはならなかったが、 家は全壊し、友人も亡くした。 はんば、夢の途中で天国にいかなくてはならなかった友人の為に、 また、震災を忘れては困ると思う人がいる限り、平松は歌うことを誓う。
作詞家 阿久悠氏 が復興支援の歌をやりませんかと。

1995年4月、阿久悠氏が神戸復興支援ソングをやりませんかと話す。 売上の一部が震災復興義援金になるときき話をうける。 話を聞き、親交のある、岡村孝子、沢田知可子、大江千里、島倉千代子がコーラスで参加。

美し都~WE LOVE KOBE がんばろや はこのサイトで聴くことができます。 *VOCALOIDルーム 9番、MIDIルーム 9番でどうぞ

震災から半年・・・がんばっている神戸を伝えて。

平松はスペシャル音楽館という番組で、震災から半年の番組をやる。 自分が実際に、神戸を歩いてインタビューしてまわった。 頑張ってる人に、頑張って!と言えませんでした。頑張っているから。 平松さんは歌で伝えてと街の人に言われ、そうなると誓うのでした。 96年平松は神戸の四季の素晴らしさと震災の無念さを歌った曲を次のアルバムで発売。

南町から はこのサイトで聴くことができます。 *VOCALOIDルーム 8番、MIDIルーム 16番でどうぞ

泣かせる為に歌っているのではないのに・・。

震災から数年経った1月17日、平松は神戸で歌う。 自分の歌で泣いている方を見て泣かせる為に歌っているのではないのにと思う。 忘れたいのにと思っている人がいるそれに悩む平松。 でも忘れては困ると思う人のためにも続けるべきと感じる。 そして震災支援イベントに参加してきたが、自分で納得のいく震災支援を 行いたいと感じ、99年3月7日、東京で震災支援の決起ライブを行う。 2000年より単独で1月17日支援コンサートを行う。

震災に区切りなんてない!

震災から10年経った2005年、地元では震災から10年で特集が組まれる。 平松は活動がしやすいと思いつつも、10年だけ話題にするのは違和感があった。 震災で亡くなった方への想いは区切りなんかでくくられたくない。 そう思う平松はこれからも1.17支援ライブをすることを誓う。 平松の書いた震災の詞が2004年に朝日新聞にまるまる掲載された’残された者たち’ そして、毎年震災の為に作る、震災支援ソングを発表する。 ’忘れないきっと忘れない’ ’2007神戸’など。

震災の風化 そして最近抱える問題

被災地は完全に復興したかに見える。だけど違った。 被災者の孤独な高齢化、無支援、風化・・。 厳しい現実にその現実をそむけたくなるが、 しかし、平松は活動することで、今直面している問題も気づいてほしいとも 訴えている。

3.11を迎えて

2011.3.11東日本大震災が起こる。平松は直後、被災地に向けて 花と太陽を歌いにいったが、感きわまって泣けてきたという。 その後、復興に向けて夏より神戸の花、コスモスを被災地の学校 に植えにいって活動をした。コスモスの花は満開になった。 平松は歌を歌うことと花を植えることしかできないといい、 これからのKOBE MEETINGは東北被災地にも向けて支援を したいと決意を新たにする。 震災20年を迎えて 2015年1月17日、平松は20回目のKOBE MEETINGをほぼ ワンマンという形で行う。震災に区切りなどないといい続けて 続けてきた平松であったが、震災があった95年に生まれた赤ちゃんが 成人になることについて言及し、はじめて区切りという言葉を使った いろんな批判があったなかやり続けてこれたことに感謝を持ち、 使命感というだけでは続けてはこれなかったこの現実を踏まえて これからもこの活動を続けていくと宣言した。

熊本地震があって

2016年4月、熊本に大きな地震が起こった。地震は日本どこでも おこりうるものへと認識が変わりつつある今、この活動を続けていくことを 決意を固めている。2017年は音と食で繋げるコンセプトで、熊本・神戸・宮城 をテーマにしたKOBE MEETINGを繰り広げる。また今まで117にこだわり 続けてきた、平松だが、117にこだわらず、震災を考えるイベントとして週末を選ぶ

-------------------------------------- 震災を感じてみませんか。

「にいちゃんのランドセル」

平松さんは2010年、阪神淡路大震災の被災者の本 ’にいちゃんのランドセル’をラジオで朗読しました。 漢之くんの最後の「あのね帳」の原稿や、 漢之くん・深理ちゃんの写真が置かれた 実際のテーブルとか見ると感じるものがあります。 米津さんご夫婦が心をこめて育てあげた生命が、 瞬時に奪われたことへの憤り、悔しさ、無念さというのが、 ひしひしと伝わってもきました。 けれども、二人の命を無駄にしたくないという思いが実を結び、 二つの新しい命を送り出せたこと。 ご夫婦の“負けない強さ”に、 番組で、そして本で改めて教えられた思いです。 平松さんが放送で読みきれなかったエピソードにも、 心打たれるものが少なくありません。 本屋さんでもアマゾンでもいいので、 できれば図書館とかから借りるのではなく、 買って、いつも部屋に置いておきたい一冊です。 城島充 著「にいちゃんのランドセル」。 発行は講談社。単行本です。

 

ページの先頭へ