TOPページ論

TOPページ論

平松愛理

TOPページ論

平松愛理

TOPページ論

HPは長くやっている。 最初の頃はよくわからず個人のページだった。 が、しかし、2003年に衝撃を受ける ある尊敬する先輩サイトをみさせていただいたとき、それはすごいものだった。 吸い込まれるようなTOPページ。ド迫力の存在感。 そう、この頃からTOPページはインパクトなくちゃと思っていた。 そして、2004年には、当時、一番好きなタイプのTOP、JCAMを使った。 憧れのサイトへの第1歩である。 TOPページは玄関、そのHPの象徴である。だから最初からとりこにさせたい。 2005年にはフラッシュソフト買って、TOPに迫力あるフラッシュ動画貼った。 当時は、それで悦にはいっていた。 神戸に遠征にいったとき、ご存じの方にHPをやってると云ったとき、 ’ああ、知ってる、ふわあ~と動くやつでしょ?’なんて言われた。ちょっと悦に入っていた。 が、だ。そこにいつも問題は潜んでいた。 重たいのである。当時は回線はまだそんなに高速になっていない時期。 TOPページからフラッシュ使うと、またはJCAMを使うと平気で開くのに30秒かかってしまう。 これをいつも解消したいと思いながらやっていた。 近年、確かに高速にはなったと思う。 私は現在、(2013年現在)、軽いTOPにしている。象徴は大事にしている、 が、1秒で開くページへと変えた。 たくさんの人に見てもらいたい、2006年から広告というものに手を出した。 それから考えた。お金払うのに開くのに時間かかり諦めてかえる訪問客がたくさんいることを。 じゃあ、できるだけTOPページは軽くしようと思うようになった。 しかも近年、携帯もスマホ、タブレット登場など、大きな端末から小さな端末になってきた。 昔の時代でいうとTVを見る確率で、NETを利用する方が増えてきた。 そうなるとだ、どんな機種を使おうがTOPが見えることのほうが大事になってきた。 昔は広告だしても、1日、300ヒットが限界だった広告も スマホの登場により、ちょっと前、1日、1475ヒットをただきだした日があった。 TOPページは象徴。これは変わらない。 しかし、どれでも見れるように。それだけでも違う。 前のフラッシュのページは別のページにおいてある。 象徴のある開くページ。

END。

ページの先頭へ