Kiss music Presenter

字おこし

平松愛理

Kiss music Presenter

平松愛理

Kiss music Presenter

藤原:  お送りしているのは、平松愛理 部屋とYシャツと私 Kiss Music Presenter それでは本日のゲストを ご紹介しましょう。平松愛理さんです。

平松:  どうも、こんばんはー宜しくお願いします

藤原:  宜しくお願いいたします。

平松:  はいー

藤原:  お肌がツヤツヤですね

。 平松:  いやいや、あぶらがべっとりですよ。

藤原:  そんなことないですよ

平松:  あぶら症なんです。

藤原:  い?びっくりしますよ。お肌がツヤツヤだと思うて

平松:  違うんです。あぶら、びかびかなんです。あはは

藤原:  その云い方。云い方。

平松:  ほんとに。

藤原:  違うんです。ツヤツヤなんです。

平松:  そうですか? ありがとうございます、もうほんとに

藤原:  平松愛理さん、お越しいただきましてですね

平松:  はい。

藤原:  この番組には2012年の11月にゲストで来ていただきまして その時、ターザン山下さんが

平松:  はい。

藤原:  サウンドクルーをお勤めだったということで、私、藤原岬は この番組、初めましてということで

平松:  宜しくお願いいたします。

藤原:  ただですね、淡路島で先日

平松:  えーえー

藤原:  イベントでご一緒させていただきまして

平松:  ええ

藤原:  そんときも、朝、めっちゃ早かったんですよ。 リハーサルの時間が確か。その時私 平松さんにご挨拶させていただいた時に まったく同じ印象で、同じこといいますけど 肌、つやっつや、だと思って

平松:  いやいやいや、朝から、あぶらがびかびかだったんです はは、あぶら症なんで

藤原:  あぶら症キャンペーンなってますが、大丈夫ですか?

平松:  大丈夫です。

藤原:  久しぶりにお会いできたということでむっちゃくちゃ楽しみにしてました

平松:  ありがとうございますーあの日、楽しかったです。

藤原:  ね。楽しかったですねー

平松:  はい。

藤原:  あの時、ライブ後ろの方でみさせていただいておりまして ほんとに、変わらない、つやのある顔やなあ思うて

平松:  私ですかあ?

藤原:  感動しました。ほんとに

平松:  えええ?いや、嬉しいわあ

藤原:  この曲のイントロが流れた瞬間、会場がほんとにぎゅとなりますね。

平松:  そうですかあ?

藤原:  んん。

平松:  ちょっと自分ではわからないんですけどね。

藤原:  ほんとですか。なんでこんな気さくなんですか

平松:  いやいや、ほんとです。もう。きらきらしすぎたんやね。もうー あかおとしです。

藤原:  あっははは

平松:  すみません。

藤原:  え?平松さんってこんな感じの方やったんですか?

平松:  そうなんです。はい。

藤原:  宜しくお願いします。

平松:  宜しくお願いします。

藤原:  もう今、お話している口調でわかっていただけると思うんですが 神戸で生まれ育った平松愛理さんなんです。

平松:  はい、そうです。

藤原:  で、昨年2014年にデビュー25周年を迎えられまして

平松:  はい。

藤原:  昨年8日におよそ二年10カ月ぶりのアルバムLa la smile.を リリースされました

平松:  はい。そうです。

藤原:  で、これネスカフェのコラボレーションで誕生した作品、ラジオCM などでオンエアされるLa la smile.オリジナル新曲、そしてネスカフェ 歴代に使用された歴代のカバーなどほんとたくさん収録されていると

平松:  はい。

藤原:  いうことなんですよねー

平松:  そうなんです。あのーネスカフェのCMで流れているのは多分、一昨年 ぐらいから流れている。だばだー♪が40何年流れてた

藤原:  そんなに流れていたんですね。

平松:  はい。それが次の曲がこの曲。La la smile.

藤原:  すっごい、責任、重大!

平松:  めっちゃ、プレッシャーなんです。

藤原:  そうだったんですか

平松:  そうなんですねー

藤原:  そ、この曲。

平松:  皆さん、覚えていただきたい。歌詞が、ら♪しかないんでね。

藤原:  最高じゃないですか。

平松:  ドレミファソラシドなんで。はい。

藤原:  ドレミファソラシドをらららでライブで大合唱になるんですよね。

平松:  皆さんと一緒に踊っていただきながら、

藤原:  そ、平松さん。踊ってはった。踊ってはった。かわいらしいふりでした。

平松:  ラッキー池田さんが振りつけてくださった

藤原:  ええ?すごーい。

平松:  なんか、コーヒーカップを片手に持ったまま踊れる振付をつけてくださって 笑顔のリレーができるような、そういうプロモーションビデオなんです 200万回以上再生してるんですよね。素敵な・・あたしはほとんど 出ていないんで。

藤原:  それはちょっと寂しいですけど

平松:  いやいやいや

藤原:  でも、笑顔が繋がっていく、たくさんの方が出演されてるということですよね

平松:  そうです。

藤原:  それを見てまた、平松さんのライブで踊れるんで。ぜひ皆さん

平松:  そうですねーぜひ来ていただきたいです。はい

藤原:  ほんとになんか素敵なライブでした。

平松:  ありがとうございます。

藤原:  そんな平松愛理さんなんですが、来年1月17日に平松愛理PRODUCE 117神戸MEETING2016を神戸線の旅、コンチェルトデッキ ダイアモンドで開催されます。

平松:  はい。

藤原:  117神戸MEETINGというのを皆さんにご紹介してもらっていいですか?

平松:  はい、えーとー。阪神淡路大震災がありましてから、ずっと1月17日の日に 神戸で開催している神戸MEETINGなんですけれども、なので今年の1月17日 で20回目、20年目

藤原:  ん

平松:  で、来年の神戸MEETINGで21回目を迎えるということで 20回目で一応まあ区切りといいますか、あのー95年に生まれた子たちが 成人式を迎え、で、むすびの年となりましたので、えー21回目は 陸ではなく船から

藤原:  ん?んー

平松:  船出をしようということで。クリージングライブを、行いたいと思ってます

藤原:  そういう意味も込めてのクルージングだったんですねー

平松:  そうですねー

藤原:  で、今回、今、云っていただきましたけれども、もうほんとに20年間 続けてこられたということでほんとにすごいことやなと 続けることが何よりも大切でそして大変なことでもあると思うんですよ

平松:  はい。

藤原:  なので本当にそれはそれはいろんな想いをもって、決意をもって 続けてこられたと思うんですけども

平松:  はい。

藤原:  今回は2016年、神戸初のクルージングライブということで ぜひとも神戸の街をですね海の上からのクルージング ライブになるかなと思うんですけど

平松:  そうなんです。割りと神戸のこの場所がテーマになって書いた曲が これです。みたいな。感じで

藤原:  ああーーー

平松:  ご案内しながらの、はい、ガイド役を兼ねての

藤原:  おお

平松:  この曲できましたという、動く景色とともに行えるというね、はい

藤原:  むちゃくちゃ、素敵ですね。

平松:  やってみるの初めてなので私もわくわくしているんですけども

藤原:  今まで、船の中でライブをされたことはあるんですか?

平松:  ないと思いますね。

藤原:  おおー

平松:  はい。で、もちろんまあ阪神大震災の、あの日、1月17日を 振り返りながらそして今の神戸の景色を皆さんに見ていただき ながらもになるわけですけども、明日に向かって走る船に乗って 皆さん一緒ともに明日に向かっていかないと

藤原:  そうですよ。案内人までしてくださると。そしてここでこんな 曲が生まれましたと、生音で歌ってくれるという。

平松:  そうですね。

藤原:  あのー今年、2015年、先ほどお話にもでましたが、ちょうど 震災の年に生まれた方が成人になる年でした

平松:  はい

藤原:  KISS FM神戸では神戸の新成人が震災や未来の目標について語るという 成人の日、特別番組、神戸に生まれて二十歳の誓い。実施しまして

平松:  はい。

藤原:  その時に案内役として平松さん登場してくださいました。

平松:  はい。そうですね

藤原:  ありがとうございました

平松:  いえいえいえ。

藤原:  やっぱりその時の言葉を聞いていていてですけど今、愛理さんが おっしゃった、その通りで未来に向かっているんですよね もちろん未来に向かっているのはその過去のことを 忘れることでは全くなくて

平松:  ええ

藤原:  覚えているからこそ、刻まれているからこそ、あの時にいろんな 気持ちになったからこそ前に向こうとしている

平松:  ええ

藤原:  ものだと思いますし、

平松:  なので志半ばで天国にいかなければならなかったたくさん尊い命の分 私達はあの今、自分が生きてる意味を探しながら しっかり生きていきたいと思うので、私は歌を歌うぐらいしか できないので唄で伝えていきたいと思ってます。

藤原:  この前、平松さんのライブ淡路で見て、あたしメンバーと見てたんですけど 一番後ろで

平松:  ありがとうございます。

藤原:  とにかくハッピーやなーといったたんで

平松:  そうですか?嬉しいわあ

藤原:  ほんとに。皆さんもう一度振り返りましょうね

<117案内>

藤原:  いやーあと年内、2か月を切りました。あと51日しかないんですよ

平松:  え~?

藤原:  びっくりしません?

平松:  ほんとですかあ?

藤原:  そうなんですよ。

平松:  もう師走、大晦日ですね

藤原:  そうなんですよ。

平松:  どうしよう。

藤原:  どうしましょう?

平松:  ね、やることいっぱいあったのに

藤原:  ねえ~あと、ぱっと思いつく、今年やり残したことありますか

平松:  映画ももっとみたかったし

藤原:  そーかー

平松:  そうですねー。やりたいこといっぱいありましたね。

藤原:  楽しんでますか?秋の味覚とか

平松:  秋の味覚は、まだ栗も食べてないし、サンマも食べてないし

藤原:  んーふん

平松:  それから、秋ねえー

藤原:  サツマイモとかですか?

平松:  サツマイモはちょっと食べたんですけどちょっとはずれてたんですね 甘くなかった

藤原:  あたりはずれがねー

平松:  秋はね、スポーツはねやりたいなと思っているんですけども

藤原:  んーんーぜひ、もう年内中にはじめましょう

平松:  そうですね。もーあっというまに、ころっと寒くなってしまいますからね

藤原:  そうですね。ははは

平松:  早くしないと

藤原:  ほんとそうです。ゆーてる間にクリスマスですから

平松:  そうですよ。

藤原:  またぜひ、年内でもいいですし、来年も遊びに来てください

平松:  呼んでください。顔びかびかでよかったら、いつでもこさせていただきますから

藤原:  ちょっとどうしよう、私、平松さんの大ファンになってしまったですよ

平松:  ほほほお。なんで?

藤原:  この空気間がたまらなく好きです。

平松:  あ、そうですか?

藤原:  最高ですね。最後にキスナーの皆さんに愛理さんからお言葉を 送ってください。お願いします。

平松:  ええー今年もあと51日になりましたが、はい、今年の目標皆さん、 できるように、あと51日間を有意義にお過ごしください。 そして1月の17日にえーと、クルージングライブでお会いできること 楽しみにしております。お元気でいてください

藤原:  ありがとうございます。

平松:  ありがとうございました。

藤原:  ではラストにですね、もう1曲お送りしながらのお別れになります 曲紹介をお願いします。

平松:  はい、それではこの曲を聞いてください。えーネスカフェのCMソングです La la smile.

藤原:  Kiss Music Presenter 今夜のゲストは平松愛理さんでした ありがとうございました

平松:  ありがとうございました。

<END>


ページの先頭へ