平松愛理あの頃MUSIC

岡村孝子さんのピンチヒッター間の番組

平松愛理

岡村孝子さんのピンチヒッター間の番組

平松愛理

平松愛理 あの頃MUSIC5/20週

平松愛理あの頃MUSIC。皆さん、ご機嫌いかがでしょうか?平松愛理です。私はこの5月。令和がスタートした この年の5月、海外ではなくて日本の、そしてえ、まあ、飛行機のらなくても、せいぜい新幹線にのって、 うちの実家の近くとか、あと車に乗って自宅の近くとかいろんなところにいってみました。多摩川の登り鮎を見に行きました。 鮎は一匹もいませんでした。どうしちゃったんでしょうねえ。井の頭公園にもいきました。 綺麗んだったなあ、雨あがりですごく空気が美しかったです。須磨海岸は私の生まれ育った海です。 晴れててすごく気持ちよかったです。空、青かった。そこから車に乗って淡路の淡路島の南端、すごく南の方に 福良港というーえー三年とらふくが有名なとこがあるんですけども、えーとそこのあたりでタイそうめんが 美味しいお店があって、そこにタイそうめんを食べにいきました。こういったできる限り、3時間あったら何しようとか 前はほさあーと過ごすことが多かったんですけれど今は一所懸命なんかこう、有意義な時間に変えていこうと している最近の平松です。さてこの番組では毎週のテーマをもとにそのテーマにまつわる楽曲を紹介していますが、 今週は改めてリスナーの皆さんのことを知りたいなということで、「よろしく哀愁ラブレターフロムあなたあー」 をテーマにお送りします。郷ひろみさんからのメールがこないかなあ?と期待しつつ、くるわけないっ、ふふっふ お送りしたいと想います。そして岡村孝子さんに元気いっぱいのエールを皆さんと一緒にお送りしたいと想っておりますので どうぞ最後まで宜しくお願いします。改めまして平松愛理です。今週は私が急遽、岡村孝子さんのピンチヒッターで番組を担当させていただくことになったということで「よろしく哀愁ラブレターフロムあなたー」をテーマにお送り します。まずはですね、べたにですね私の自己紹介的なエピソードお話しようかなと想います。生年月日ぃ? 19あんはんあんはん、ですね。えへへ。出身地は神戸市須磨区です。須磨海岸の近くで生まれました。 育ちもおんなじです。神戸市須磨区です。本格的に音楽を目指すようになったきっかけは隣に住んでいるよしえおねえちゃん 7つ年上だったとしえおねえちゃんがオルガンを買ったという、それがきっかけです。ある日いつもと同じようによしえおねえちゃんのお家に遊びにいったらですね、オルガンが居間の真ん中にどんとおいてあってなんだこれーってはじめてみたので 私は家具だと想いました。変わった家具だなあと想いながらよしえおねえちゃんは得意げにその家具を真ん中のところ、 白黒白黒、まあ鍵盤ですね、いわゆる、の部分をですねこう押してそしてなんやら私はそのときすごいびっくりして、え、何々って そしたらよしえおねえちゃんが愛理ちゃんここ座ってみーって。いってくれたので椅子に座りました。 そうするとよしえおねえちゃんが、あしぶみオルガンですから、この足のところにあるペダルをふみふみ、パフパフやってくれてそこ押してみと言われたので私は多分ファかファのシャープを押したと想います。そのときの音、あの音がですね、もう今でも覚えてますけど私の人生を変えました。その瞬間からもうこの音にとりつかれたというか、私もよしえおねえちゃんと同じこの黒白のでっぱみいなものがついてるのがほしいと 母に云いました。よしえおねえちゃんの通っている音楽の教室にいきたいと。すごーくお願いをしてそして3歳の時にまあピアノを習いはじめたと。 そこからですね、でなんだかんだでこう私はデビューが1989年ですけども、あのー 部屋とYシャツと私という曲がデビュー曲だと想っている方がめっちゃくちゃ多いんですよね。とんでもないです。 デビューする前もいろいろと苦難のあった、日々を送ったりしましたし、そしてデビューしてから「部屋とYシャツと私」を シングルカットするまでに3年かかっています。これはアルバムの中の1曲だったんですね。90年に出した3枚目のアルバム My Dearの中の1曲でした。誰からも振り向かれず、そしてレコーディングするときもスタッフに大勢から反対され それでもレコーディングをとげたこの曲が、その2年後に、んーあれは有線ですね。有線のリクエストがリクエストを呼んで そしてどんどんこうなんていうんでしょうか、かかっていく回数が多くなって上のほうにあがっていくなんて、ほんとうに おもってもいませんでした。えーと。「部屋とYシャツと私」というタイトルは変わっていて、えーこないだ去年かな? 名古屋のバラエティ番組で、あるお笑い芸人の方になぜこのタイトルなんですか?って訊かれたんですね この部屋、Yシャツ。私っていうのは結婚すると変わる3つのものです。部屋、まずお家が変わりますよね、 で、Yシャツっていうのは今までTシャツとかそういったものを洗濯したりアイロンがけしたりしてたのが、イメージの中であった まあ、結婚をするということで、あの頃の未婚の私からすると、結婚する人はきっとYシャツを着てることが多くて Yシャツに触れることがすごく多くなるんだろうな、それが今までの独身生活と自分の独身生活と全然違うことなんだろうな と想ったのでYシャツにしまして、私っていうのは名字のことです。この3つを並べたという、それをお答えしたら すっごいびっくりされていました。あーそうなんですかあ!って言われました。ということで自己紹介的なエピソードを ざっとさせていただきましたが、んーじゃあ、やっぱりこの曲をお送りしましょう。平松愛理で「部屋とYシャツと私」 改めまして平松愛理です。岡村孝子さんのCDジャケットをいっぱい並べたテーブルとマイクを前にして今週もお話させて いただいております。今週は「宜しく哀愁ラブレターフロムあなたあー」をテーマにお送りしています。ではテーマ充てに いただいたメールを紹介しましょう。(略)私も想いますけど、人生ってそんなに不公平じゃないって想っています。 なので今、孝子さんは大変な想いをされているのですが、絶対にまた復活されましたら大きなハッピーが待っていると私も すごくそう想ってます。みんなで応援しましょうね。(略)香川県のおうどん美味しいですよねーもう香川県いったら絶対おうどん 食べます。えーということでではここでですね、今週のテーマ「宜しく哀愁ラブレターフロムあなたあー」をイメージする 曲をお送りしたいと想います。5月22日発売の岡村孝子さんのNEW ALBUM「fierte」からこの曲を「Hello」 これがオリジナルバージョンなんですけれども、元々この曲に関しては孝子さんがソロデビュー30周年にあたって 書かれた曲でベストアルバムDO MY BESTⅡ、この収録の時には私と辛島美登里さんがコーラスでご協力させていただいている という、この曲のレコーディングがすごく印象的だったんです。その孝子さんのソロデビュー30周年というのはすごいことだ という風にその時、ずっしり重みを感じてスタジオに向かっていました。だってソロの前にAmingとしてやられていた時期があり その後にソロでしょ?もうめちゃくちゃ長いじゃないですか。結局のところ。どれだけのプロセス。どれだけの経験 どれだけの想いされてきたんだろうって、やっぱりその中で同じくシングルマザーだったり一人娘がいたりとか ちょっと似たような境遇を持つ、私と岡村孝子さん、やっぱり私たちの、ガールズトークというのかWOMAN’Sトーク WOMANの複数はういみんでしたね。ウーマントークかなっていうのはいろいろと本当になんかすごく楽しくて、心分かち合える そんな時間でしたのでどうしてもこの日私は、お花をもっていきたかったんです。途中でお願いしていたお花やさんによって 大きな花束をかかえてそしてそれをかくしておいて一番最後の最後の最後に孝子さんのほうに、ばっとそれをもっていって で、孝子さんがはじめてそれに気づいた時に、えーーっといって涙をぼろぼろぼろって流された時、私も一緒に泣きました。 一緒に泣きながらよく本当にここまで頑張ってこられたと想います。なんかそのようなことをいった覚えがあります。 泣きながら涙をふいて写真をツーショットでとったあの日がありました。今回のNEW ALBUM「fierte」に入っているHelloは オリジナルバージョンということで、孝子さんが一人でお歌いになっておられます。えーとDO MY BESTⅡにもともかく元気に はぎれよく歌っていますというエピソードをいただいています。では聞いてください、5月22日発売の岡村孝子さんの NEW ALBUM「fierte」から「Hello」オリジナルバージョン (略)「カメラを止めるな」見ました。もう最後のシーンで衝撃でしたねー。え、嘘?まじ?こういうことだったの? ってあの驚きが映画館から出てもしばらくショックでずーと考えちゃいましたね。1つのカメラでずっととってるっていうことも 本当にすばらしかかったしよくできてるなと想いました。ちょっと意外なところからぐさっとさされたようなそんな映画でした。 跳んで埼玉ねえ。GACKTさんでしょ?みてないですよ。これめちゃくちゃ面白いらしいですね。じゃみよう。 あと、ボヘミアンラブソティは見ました。最後のステージ、フレディマーキュリーの歌が~あのあがるところがメロディを変えて うたっているところが、あー大丈夫かなーと想いながら、なんかそんなことをやっぱり心配しながら聴いてたんですけど よく考えたらフレディマーキュリーが歌っているのではなくて俳優さんが歌ってますからね。あとから気になって、お家に帰ってか 実際のあのライブの生の音を何度も聞いちゃいました。そしたらね、ちょっと違うんですよ歌。あたしの映画で見たとき、きいたと 聞き違いでなければ本当の生ライブのときのフレディのとった旋律はちょっとちがってるなと想いました。私はすごい切ない。 1週間ぐらいブルーな気持ちになっちゃった。最近私が見た映画でいいなと想ったのは万引き家族がよかったんです。 で、やっぱ、安藤さくらさんですね。あの人の最後のその自供というのか取り調べ室で、ばあーと自分の思いをしゃべっているとき 涙がぽろぽろ出てくるんですけどもその涙をね、手のひらを手でぬぐうんですけどにぎった涙を上の髪の毛のほうまでなでつけるっていうよく子どもがそういうことしてますけどめちゃくちゃ自然すぎてこれ演技ですかというくらいのものすごく切迫感感じました なので最近、安藤さくらさん好きですね。 よ、愛理ちゃん大統領のコーナー お題「新幹線内のたこ焼き、豚まんはありかなしか」、これはほぼなしとリスナーの方想っているんではないでしょうか 私もこれはなしだと想います。でも新大阪駅の売ってるたこ焼きがめちゃめちゃ美味しくて、あのたこ焼きを買って 予約している新幹線までにホームでふーふーはーはー食べて、舌やけどしながら、1個だけのこっちゃって、もうびーとなって いるからードアが閉まってしまう。と想って乗ってしまった時があるんです。豚まんはすごいですよね。うわーきたーみたいな 改めまして平松愛理です。このコーナー孝子マイソングではリスナーの皆さんから岡村孝子さんの楽曲にまつわるエピソードを 紹介しその楽曲をお届けようというものです。(お客様のメール略)孝子さんのこの「NO RAIN NO RAINBOW」 というアルバムの中に入っている「明日の歌」今、あたしも。これですね。CDのジャケットを手に歌詞を読ませていただいて ますけど本当に素敵な歌詞ですね。「風になりたい、あなたの為に、やさしい歌を紡いでいく、なんかもう底知れない愛を 感じます。「なんだって絶対守っていくからね」っていう気持ちを愛と母性を感じるそういう歌です。あたしにとっては。 すごく素敵な曲をリクエストいただいてありがとうございます。<部屋Yについて>私のこの曲、歌うの難しいです。 自分でも難しい。時々、歌うときのコツはと聞かれることありますけれども、まあキーがもともと高いですよね なるべく歌う時に、鼻から上に声を上げて通すような気持ちで歌ってくださいっていってることと、あとは唇を ぶるうううるう、実際にはできてませんけれども、音を出さずにぶるぶるさせると唇の周りの緊張がとれて割と高い声が 出やすくなります。ほぐれるというか。んーそんなことぐらいですかねーもしよければ皆さん役立ててください で、孝子さんの歌を歌われる時にも高いキーのときにはやってみてください。 お送りしました、平松愛理あの頃MUSIC、いかがだったでしょうか。さてさて、岡村孝子さんのNEW ALBUM「fierte」 5月22日発売です。この岡村さんの想いとパワーがばっちりつまったアルバム、ぜひ聴いてくださいね。 あとね岡村さんのホームページではすごいんです。プロモーションビデオが見れるので。ぜひぜひ皆さんみてください。


平松愛理

平松愛理 あの頃MUSIC5/13週

平松愛理あの頃MUSIC。 皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。平松愛理です。先週から岡村孝子さんからの ピンチヒッターを務めさせていただいております。んーまだ慣れていなくて 至らぬ点、多々、今週もあるでしょうが、ご指導、ご伝達のほどを宜しくお願いいたします。 えーたくさんの放送局をいろんな場所で日本国中NETされていますので、私の声が岡村孝子さんの 代わりに届いているかと思うとほんとにドキドキしちゃって大丈夫かなっ?て思うんですが 1日も早く孝子さんがまた、あの頃MUSICに戻ってきてくれることを願いながら今週もお届けしていきたい と思います。さて、今週は岡村孝子さんの週に募集していたテーマ令和の野望を教えてください。 あなたの自信あるものは?に投稿していたメールをご紹介していこうと思います。 さあ、あなたのメールは紹介されるでしょうか。皆さん、最後まで聞いていてくださいね。 さあ、まずはこの曲をお送りしましょう。岡村孝子さんに届けAmingで待つわ。 Amingで待つわをお送りしました。改めまして平松愛理です。今週は本来でしたら岡村孝子さんが ご紹介されるはずだった令和の野望を教えてください。そしてあなたの自信のあるものは?に 投稿いただいていたメールをご紹介していこうと思います。私の令和の野望、そして自信あるものは ってここに書いてあるんですけど・・野望ねえーんー岡村孝子さんも私も昭和、平成、令和と 同じく3つの時代を経験しておりますね。まあ、これから先平成元年以降生まれたひとたちにとっては 3つの時代を経験していますと言い切れるひとたちがどんだけ昭和生まれではないひとたちとね。 出会えることができるのかなと思ったりしますので、ちょっと胸をはってこんなに時代知ってるのよって お姉さんぶってみたいと思っています。令和に入ってデビュー30周年が今年にあたっています。 なので節目となる動きをしようと思っていていろいろと準備中です。また新たに音楽をお届けする準備を こつこつとしているわけですね。そしてもう1つのテーマ、自信あるものは?と聞かれても んーそうですねえ、故郷の海が好きってことは誰にも負けないよって。それくらいですかね。 あのーもともと自信というのは自分を信じる力だと思っているので本当に自信があるっていう、従来 使われる意味とは違うと私は思っています。信じる力。自分を信じる力ってあると思っているので まあ、故郷の海に近づくために、真向から去年の秋小型船舶2級の資格をとりました。これ久しぶりに勉強しました 高校生の時も、学生のとき勉強してて素敵な気持ちになったことは一度もありませんでした。でも、この50歳を 過ぎてからの一所懸命マナブということは全然違ってて、ほんとにテストの2日前ぐらいから一生懸命、一生懸命 教科書めくって、頭にたたきこんで実技もありますから、そっちのほうも一生懸命こう手振り身振りこういう風に 質問されたらこう答えてというのを練習したりしているうちにだんだんこう世の中がきらきらして見える、そんな気分に おそわれて集中するっていう人間の、そういう集中できるっていう人間の能力っていうのはすごく透明なというか なんていうのかなー何にも飾り気のない、汚れのない、邪心とかも何もない生まれたばっかりの気持ちみたいな なんかそんな気分になりました。すごーくそんな気持ちになれたということが、あ、マナブってこんな素敵なことなんだな まだ、学びたいことがあるということ、まだ足りないと思う気持ちがもてるのはすごい素晴らしいことなんだなという風に 思いました。えーというわけで私が一番好きな故郷の海、3歳の時からこの海岸にいっては大声で歌っていました。 今でもなんか迷ったりするとこの海岸にいって砂浜に座っていると、3歳の自分に出会うことができます。 では聞いてください。平松愛理で須磨海岸。平松愛理でアルバム、花と太陽から須磨海岸お送りしました。 ではつづいてこの曲をお送りしましょう。平松愛理で素敵なルネッサンス。 平松愛理でアルバムMy Dearから素敵なルネッサンスでした。改めまして平松愛理です。今週は令和の野望を教えてください。 そして、あなたの自信あるものは?をテーマにお送りしています。ではテーマあてにいただいたメールをご紹介しましょう。 (略)私、3、4年検査を怠っていて、今年に入ってからかな、まとめて3,4年分を人間ドッグで1泊2日で受けたんですね で、検査ってやっぱりまとめてうけるものではなくて、まめにうけないと割としんどいなと思いました。 検査疲れといいますか。そして私も遺伝子検査を受けました。やっぱりこういうのって前もってちゃんとペースを決めて 受けていくということを皆さんに、おすすめさせていただきたいなと思います。 私の場合はですね、運とかツキを使ってしまうのが怖くて、宝くじが買えないんです。それとじゃんけん大会も怖いです。 一度50人の人と対1人でじゃんけん大会をして、私勝っちゃったことがあったんですね。で、バブルの時代でしたから 最後まで勝った人はすごい金額のプレゼントがもらえる、もうそんなのいただいちゃったらあたしこれから先 なんもないと思って、勝った瞬間に、あのーいいですー。も一回じゃんけんしましょう。ってじゃんけんして自分が 負けてほっとしました。でも50対1でじゃんけんぽんとしているとき皆さん、真剣でした。 (略)まずそうですね、早食いというのはあまり体によくないです。私もすごい食べるの速いんです。 岡村孝子さんはいつもゆっくりお食事されます。そうですね、やっぱり味わっていっぱいかむということと、 それから唾液の分泌というのはすごく免疫力を高めるし体によいことと言われてますからね。気をつけてくださいね。 あなたの自信あるものは?をイメージするこの曲、ぜひぜひお届けしたいと思います。5月22日発売岡村孝子さんの NEW ALBUM「fierte」は誇りとか自信とかいうことで、そのアルバム「fierte」からこの曲をお送りしたいと思います。 岡村孝子さんで「遥かなる旅路」岡村孝子さんのエピソードがここにあります。 最近は自分の心のうちをさらすことはなかったんですが、いいたいことをちゃんと伝えなくていいのか。と。 書き終えてもうすっきり(笑)。歌詞の中の小さな正義がポキンと今日は折れた。という歌詞にスタッフの女性が とても共感してくれました。ほんとに素敵な歌です。ありがとうございます。といいたくなりますね。 よっ愛理さん大統領。改めまして平松愛理です。今日からはじまるこのコーナーよっ、愛理ちゃん大統領 はですね、私がどこかの国に大統領になった気分で大統領特権で物事の白黒をつけちゃおうというものみたいです。 まじですか。コーナー内容は面白そうなんですけどコーナータイトルをこれから毎週いわないといけない。 ちょっと心配ですねえー。さて、そんなコーナーの1回目に白黒つけるお題は? 「おしぼりで顔ふくのはありかなしか?」そうですねーすぐに回答はできませんが、私の場合この問題に関して 顔ではなく首はありだなと思っています。なぜかというとやっぱり肩とか首とか凝るんですよね。あたためたい。 なので、首とか肩において、ちょっとほぐしたい、筋肉の疲れ。これはあります。それから体の部位でいいますと、 脇の下はやめといたほうがいいと思います。男性の方気をつけてください。 顔ふいて、ぷあーっておっしゃる方いますけども、あれは、私気持ちはわかります。やっぱり人間の喜怒哀楽っえいうのは もうある一定の年齢以上になったら表現したほうがいいと思います。(略) ということで、愛理ちゃん大統領的には今日の問題に対して、愛理ちゃん大統領が下した決断は おしぼりで顔をふくのはありー。岡村孝子さんだったら絶対ありじゃない。ごめんなさい。(略) それではこの曲をお送りしたいと思います。1992年プロモーションビデオを岩井俊二さんにとっていただきましたが 全然前もって何にもこんな風にしてくださいねーというお話もなく東京は九段下の交通量の多い、道路の歩道のところで はい、踊りながら歌ってくださいって言われて自分で即興でつけた踊りを踊りながらプロモーションビデオをとった 思い出は思い入れがあります。なんか懐かしいけれどもとにかくつらいなと思っていることを両立している皆さんに お届けしたいと思います。 ここも新コーナーです。タイトル通りこのコーナーでは私、平松愛理がえりすぐりのものや出来事などを紹介していこう いうものらしいです。ここのスタッフさんは関西出身の方でダジャレ大好きなんですねー 神戸出身の私は案外ダジャレ嫌いじゃないけれど、愛知出身の岡村孝子さんはどんな対応をとってらっしゃったのか すごい気になります。さて、今回紹介するえりすぐりなものは?瀬戸内が一望できる観覧車。 それはどこにあるかといいますと、本州からいくと明石海峡をわたり、そして淡路島についたら 最初のサービスエリア、オアシスというところにあるすごく大きな観覧車です(略)


平松愛理

平松愛理 あの頃MUSIC

皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。平松愛理です。報道でご存じだと思いますが この番組のパーソナリティでいらっしゃる岡村孝子さんが入院されることとなりました。 岡村孝子さんからリスナーの皆さんの架け橋である、この番組の担当をお願いできないでしょうか とのことで、まほんとに、私でお役に立つのかわからかなくて自信がないんですが できることを精一杯やらせていただきます。とお答えしました。なので今週からは 私、平松愛理がピンチヒッターとして担当させていただきます。岡村孝子さんの復帰まで 頑張って、あの頃MUSICを皆さんと一緒に盛り上げたいと思いますので、皆さん、岡村孝子さんへの エール、メッセージお待ちしておりますので宜しくお願いします。そして皆さん、最後まで聴いてくださいね さあ、まずはこの曲をお送りしましょう。岡村孝子さんに届けー。岡村孝子さんで「夢をあきらめないで」。 岡村孝子さんで「夢をあきらめないで」をお送りしました。 改めまして、今週からこの番組を担当させていただく平松愛理です。この番組には3回ほど、ゲストに呼んで いただきました。岡村孝子さん。はい。もうこんな大役を仰せつかるとは、ほんとに予想だにせず、 ちょっとまだドキドキしています。ちゃんと務められるのかなと思いながら一生懸命しゃべりますね。 えーと、孝子さんとは1994年、当時、私の自宅、世田谷区にあるんですけど、あったんですが、そちらのほうに 大きなバラの花束を抱えてもってきてくださったのが、最初に長くしゃべった日の夜でした。 まずそのお玄関の扉を開けてその真っ赤なバラの花を抱えた岡村孝子さんの姿、ほんとに透明感のある オーラがたくさん出ていてなんて美しい女性なんだろうって本当に思いました。それから、阪神淡路大震災がきた 1995年、私の実家が全壊し、そして神戸の為の歌を作詞家の阿久悠先生と共作をさせていただくことになり 作曲のほうを私が担当させていただくことになりまして「美し都ーがんばろやWE LOVE KOBEという曲を作りました。 この曲の歌の応援に孝子さんがかけつけてくださいました。えーそれからですね、近年になってまたお茶したり お食事させていただいたり、んー自宅に来ていただいてたくさんお話をしたり、その度にいつも、ほんとにお土産が すごくて例えば美味しいお菓子とか、かわいいスリッパとか、ナチュラル系のハンドクリームとか、お家で着る お家着っていうんですか?ホームウエア、ほんとにあたしなんていつもてぶらなんです。なのに孝子さんは必ず気を遣って くださってもってきてくださるんですね。普通二回ぐらい、お会いしてこの人何ももってこない人と思ったら もう普通ならなんにも持たずに来られるんじゃないかと思うんですが、優しい方です。すべてのことにまっすぐで 言葉に嘘がなく、ほんとにほんとに素敵な方です。えー先ほど、神戸の歌をというお話をしましたが、このCDの売り上げは すべて神戸市に寄付をさせていただいた「美し都ーがんばろやWE LOVE KOBE」という曲、レコーディングの日に 歌い終わってからそれでは失礼しますといって、孝子さんは扉じゃないところから出ようとされたっ。すごくそれが印象的で あの、そこ扉じゃなくて消化器が入っているところですといって、いったら、あーといってそれに受けて大笑いする訳でもなく 普通にナチュラルにあ、どこでしょうってそういう風になんか質問されていたのが、もうほんとに生粋のアーティストさんなんだな っていう風に思いました。おちゃめなところもたくさんある岡村孝子さん、この曲のさびを一所懸命歌ってくださいました。 ではこの曲をお送りしましょう。岡村孝子さん、大江千里さん、沢田知可子さん、島倉千代子さん、そして平松愛理で 「美し都ーがんばろや。WE LOVE KOBE」では続いてこの曲をお送りしましょう。私と辛島美登里さんもコーラスで参加させて いただいてます。岡村孝子さん「Hello」。改めまして平松愛理です。今週からは私、平松愛理が担当しお送りしています。 ここで岡村孝子さんのNWE ALBUM、5月22日発売の「fierte」について私が孝子さんのこのアルバムに込めたメッセージを皆さんに お伝えしたいと思います。「fierte」に込めた岡村孝子さんのメッセージがここにあります。このアルバムタイトルについて これはフランス語で「誇り」とか「自負心」といった意味を持ちます。以下、私というのは岡村孝子さんなんですが、私の中では すくっと背筋を伸ばして明日をみつめてまっすぐ見つめてくイメージです。今、自分が歩いてきた道のりを振り返るとき 何も間違ってないというか、間違いはいっぱいあったかもしれないけれどそれを含めてちゃんと責任をもって歩いてきたといえる これから続く道にも思わぬ落とし穴があったりするかもしれないけれどこれまでとおりまっすぐ歩いていけばいい。と今は思える んです。そんな思いを込めたタイトルです。あーもう岡村孝子さんそのものですね。多分このアルバム、どこを切っても、 岡村孝子自負心っていう作品がいっぱいつまっているはずです。毎週この番組では岡村孝子さんのニューアルバム、「fierte」から エピソードつきでご紹介していきたいと思っています。今回このアルバムのジャケットですが、すごく素敵ですねー。 孝子さんのふんわりしたやわらかい空気がそのまま写真にちゃんと収められていて、笑顔もほんとに暖かい、孝子・・常に一体感 お持ちのほんとにうらやましい岡村孝子さんです。ちゃんと写真にもそれが写るというね、えーそれではこのアルバムの2曲目に 収録されているこの曲を皆さんにご紹介したいと思います。おかけいたしましょう。では聴いてください。5月22日に発売になります 岡村孝子さんのニューアルバム「fierte」から「君がいたあの夏」5月22日発売の孝子さんのニューアルバム「fierte」から いかがだったでしょうか。この歌詞の中にある「瞳に映るすべてのものをひたむきなほど抱きしめて」っていうところと 「喜びも悲しみさえも恐れずに全部うけとめて」という、ここがほんとに岡村孝子さんそのものだなと思いました。ほんとに 孝子さんは全部受け止められます。無視できないというかまっすぐ全部ストライクゾーンで受け止められるんで、自分にないとこ というかかわせない正直さをもった、岡村孝子さん、ね。えーこの曲についてエピソードがあります。孝子さんのエピソード ラブソングかと思われそうだけど、君というのは実は若い頃(20代・30代)の自分なんです。目に映るひたむきに向き合っていた 君は今も確かにあたしの中にいると。レコーディング中に感じた思いをそのまま綴ってみました。あ、そうか。真実を書かれてます 素敵です。お送りした曲は岡村孝子さんで「君がいたあの夏」でした。改めまして平松愛理です。今週からは私平松愛理が 担当しお送りしています。えーはじめてAmingをテレビで拝見した時、岡村孝子さん綺麗だなーと思いました。 母と一緒にみていて、綺麗な人やねー母もいってました。そしてなんたって歌詞がすごくて、岡村孝子さんの 「夢をあきらめないで」という曲をある会場でカバーさせていただいたとき改めてその詞のすごさを知ることになるのですが ほんとに岡村孝子さんの歌詞って贅肉がないんですよね。すごくストレートで。すっきりとしていて。ものすごくまとまっている という言い方すると偉そうだし、なんか違うんでしょうけどまあ才能ですね。すごいなと思います。あの頃、 「かわいいふりしてあの子わりとやるもんだねと」とあの歌詞からはじまる曲のさびのところの「待つわ、待つわ、いつまでも 待つわ」私の周りの音楽をやってる男性のミュージシャンたちはみんな話題にしてました。いやーすごいねーって。 だけどあんなかわいい人に待つわ、待つわって言われたら何があっても待つんじゃないかなって。思うよねーって女の子たちは ゆってました。んーコーラスのところもね、練習しましたねー。私が16歳の頃です。ちょうどバンド活動をはじめて、高校1年 2年の頃です。いやーほんと歳月がたってこんな風に普通にお話させていただけるような間柄にならせていただけるとは 思ってなかったです。まあその音楽を通じて、のちに孝子さんと知り得た訳で音楽ってほんとにすごいと思います。 言葉で伝えきれない気持ち伝えられない気持ちをメロディにのせることによってそげることができるから。私が今、孝子さんに お届けしたい曲かけたいと思います。音楽で笑顔を繋げていきましょう。では今週は私からのおすすめソングお送りしたいと 思います。平松愛理で「La la smile」お送りしています平松愛理「あの頃MUSIC」この番組ではリスナーの皆さんからの お葉書メールをお待ちしております。岡村孝子さんへのエール、そしてメッセージもぜひお待ちしております。(略) 皆さんからのお葉書、メール私、待ってまーす。<メールのエリアは個人的な内容の為、割愛します> 第70回全国植樹祭愛知2019の大会イメージソングとして岡村孝子さんが書き下ろされたこの曲、イメージをわかせる為、樹木を 求めてあちこち出かけたことを思い出しますというエピソードを書かれてます。樹木を求めてどこにいかれたのでしょうね? 素敵な曲です。岡村孝子さんで5月22日発売のニューアルバム「fierte」から岡村孝子さんで「ともに」お送りいたしました。 <メールのエリアは同理由で割愛>


ページの先頭へ