FM OH! SUNDAY SPECIAL 平松愛理 30th

字おこし

平松愛理

FM OH! SUNDAY SPECIAL 平松愛理 30th

平松愛理

FM OH! SUNDAY SPECIAL 平松愛理 30th

<放送内容が目新しいものだけ記載>
放送の流れ
・3歳からデビュー前のお話
・震災にまつわるお話
・部屋Y~あれからについて
は割愛します

・ライブの内容と今後の展望

服部:FM OH! SUNDAY SPECIAL 平松愛理 30th anniversary~With All My Heart~デビュー30周年を迎えた 平松愛理さんご本人とともに、その歩みを振り返ってきましたがそろそろお別れの時間が近づいてきました。 あっという間ですね

平松:早いですねえ

服部:えーもう次やらないとダメですね。続編。

平松:これもね。この番組の続編。来週っ

服部:あはっ。ははは

平松:明日でもいいよ?!

服部:明日?!ははは。もうホントに話はつきませんけども、

平松:ほんとに、ほんとにつきない。

服部:平松愛理さんライブが決定してますね。

平松:してます。

服部:平松愛理30th anniversary~With All My Heart~、9月8日日曜日、大阪ABCホール、そして 9月16日、月曜(祝日)は東京恵比寿、ザ、ガーデンホールにて、はい、行いますけども今回、ライブ どういったライブになりそうですか

平松:今回は、ちょっと目新しいですよ。

服部:んー。

平松:今まで自分の音楽仲間と一緒に。特に周年は、お届けしてたんですけど、今回、20代、30代の メンバーと一緒に平松愛理の楽曲をお届けするんです。

服部:新たな試みですね。

平松:これはチャレンジャーですね。この新旧がおりなす、えー科学反応をね。楽しんでいただきたいと 思いまして、選曲もものすごく気合い入れて、それが活かせるようなものにしました。 で、どういう科学反応が強く表れるかというのを、私もすごい楽しみなんですけれども、やっぱり弾き語りの部分も

服部:はい

平松:きっちりと、私はこの曲のこの詞がものすごく、平松愛理らしいと思うというものを、選びぬいてみたりとか ちょっといつもと違う、皆さんにもわたしにも、30周年、その後の未来、皆さんにも今日コンサートを見ていただいた 明日への未来。さあ明日頑張ろう。この思いを胸にっていうなんかそんな気持ちを一緒にもっていただけるような ライブにしたいと思って、今回の選曲はかなり時間をかけて、やりましたよー

服部:ということは今までねえ、いろんなライブをみてきたファンの方々にとっても新鮮に映る

平松:はい、新鮮だと思います。あの、参考音源、こんなに提出したのはじめてです。

服部:へえー

平松:ここは、こんな感じで、こんな感じで、丁寧に全部説明をしていってジェネレーションの違いギャップをうまく こう埋めるのではなくて、やるという感じですかね、新しい火花になってというか

服部:はい

平松:散ってしまうとなくなってしまうから、新しいサウンドの風、を作る。それをやっぱり自分の31年以降、 デビュー31年以降の風としてそれにのって、そのサウンドの世界を音楽を上にのせてきたいなと思っています。

服部:31年。その先を見てるわけですね

平松:そうですね。皆さんにもぜひついていただきたいなと思いまして

服部:一緒にライブを楽しみたいですよね。

平松:これからも。うんふふふ。

<略>

服部:それではリスナーの方にひとこと、そして展望をお話いただけますか

平松:はい。30周年ということで、節目、区切り、んふふっ、いろんな言い方がありますが、 私はスタートだと思ってます。ここに私は、先ほどもお話しましたけれども、今後の私の音楽が そして皆さんの生活とともにはじまっていきますようにという最初のスタート地点の ライブをまずは、9月8日大阪ABCホール、9月16日月曜日祝日、東京、恵比寿ガーデンホールで 行いますので、ぜひ一緒にその空間を共有していただきたいと思いますし、えーと、8月の28日に ニューシングルを出します。このシングルは「部屋とYシャツと私~あれから」が表題曲になってますが 「ありがとう」という神戸の隣町を頑張れーと応援している曲とそして「きっと届け」という曲、 3曲収録されていますので、どの曲にも共通しているのは感謝の気持ちだったり、愛だったり なんかこれから一番そういう気持ちが大事になってくるんじゃないかなと思っているので ここから平松愛理となにかはじめてみましょうよ。というような気持ちでいっぱいなんです。 こんなんで伝わりますか?

<略>


ページの先頭へ